« 利権亡者の民主党長野県連会長 | トップページ | 呆れた「リーダー」 »

2009年7月13日 (月曜日)

学会員の生活を守り抜く政党

東京都議会議員選挙は、予想通り民主党が第1党になった。といっても単独過半数ではないのでインパクトは今ひとつだと思うが、とにもかくにも自民党が大敗したので、メディアは大騒ぎである。しかし、これは予定調和というものだろう。

そんなことより公明党は候補者23人が全員当選である。こんな憲法違反の政党が存在しているだけでもおかしいのに、国政と首都で与党なのである。いつものことだが、不愉快な存在ではあっても一応合法的な政党である共産党がボロ負けを繰り返すのとは対照的だ。

この政党は都民や国民の代表ではない。創価学会員の代表でしかない。もっとも非会員でも「弱者」と称する属性の人たちへのばらまきをありがたがる層にとっても代表なのかもしれないが。MXテレビの中継を見ていたが、公明党の全員当選に話が及ぶと、出演者達の口も一転して重く、歯切れが悪くなっていた。やはり学会批判はメディアにはタブーなのだろうな。

|

« 利権亡者の民主党長野県連会長 | トップページ | 呆れた「リーダー」 »

コメント

> 管理人様

> そんなことより公明党は候補者23人が全員当選である。

ホント驚きました。
この政党自体が憲法違反であることはいうまでもないことですが、この当選者の数をひねり出すために、どんな法律違反が行われているのやら?それを思うと戦慄が走ります。一度、徹底的に公選法違反容疑で捜査すれば良いのに・・・

投稿: tenjin95 | 2009年7月13日 (月曜日) 04時17分

>>tenjin95さん

かつて企業ぐるみ選挙というのが批判されたことがありましたね。公明党の場合は創価学会ぐるみ選挙なので、同様に批判されるべきです。

一説によると日本の世帯の一割は創価学会らしいので、投票を強制したら、中選挙区型の場合は絶対に当選してしまいますね。

元公明党委員長の矢野絢也氏が創価学会を激しく批判しましたが、圧力がかかったようです。学会と公明党の悪事の記載されている証拠が記された模様です。そのためか、最近は表舞台に登場しなくなりましたね。

投稿: フロレスタン | 2009年7月14日 (火曜日) 01時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/45619353

この記事へのトラックバック一覧です: 学会員の生活を守り抜く政党:

« 利権亡者の民主党長野県連会長 | トップページ | 呆れた「リーダー」 »