« だめだ、やはり民主党には投票できん | トップページ | 科学的事実よりも宗教的要素が強い現代は暗黒の中世の再来か »

2009年7月25日 (土曜日)

差別発言って本当か?

サッカーJ2の東京ヴェルディとヴァンフォーレ甲府の試合で、甲府のDF杉山が東京Vのレアンドロに差別発言をしたというニュースが流れたが、レアンドロは「(ポルトガル語で)チンパンジーと言われた」と主張し、杉山は「言ってないしポルトガル語も知らない」と平行線だという。

ということで、ポルトガル語でチンパンジーは何と言うか調べたら、"chimpanzé"である。
これはカタカナで書くと「シンパンゼー」となるのだが、もしかすると杉山は「審判ウゼー」と言ったのではないだろうか(笑)。

しかし、ポルトガル語でチンパンジーに聞こえるのだから、ブラジル人選手がいる試合では「審判ウゼー」などと言わない方がよいな。選手もそうだけれど、ベンチスタッフや観客・サポーターも。

|

« だめだ、やはり民主党には投票できん | トップページ | 科学的事実よりも宗教的要素が強い現代は暗黒の中世の再来か »

コメント

> 管理人様

トラバとコメント、ありがとうございます。

Jリーグでは、差別発言は確認できなかったとしたようですね。まぁ、人権問題と環境問題とを積極的に取り組むとしているJリーグでは、まだ調査は続けるでしょうけどね。

投稿: tenjin95 | 2009年7月25日 (土曜日) 03時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/45732659

この記事へのトラックバック一覧です: 差別発言って本当か?:

» サッカーJ2の試合中に差別発言? [つらつら日暮らし]
これは、場合によってはサッカー界を揺るがす由々しき問題になるかもしれませんね。 [続きを読む]

受信: 2009年7月25日 (土曜日) 03時24分

« だめだ、やはり民主党には投票できん | トップページ | 科学的事実よりも宗教的要素が強い現代は暗黒の中世の再来か »