« 呆れた「リーダー」 | トップページ | 「怪奇」日蝕 »

2009年7月20日 (月曜日)

投票先がない!

総理のたらい回し、ばらまき政治の復活、官製不況を招いた官僚主導の最近の政治、憲法違反の政党が与党にいることなど、解散総選挙になっても今の与党に投票するつもりはない。リーダーシップの欠如した優柔不断な安倍内閣の時に見切りはすでにつけていたが、その後の2人の総理でもうこれはだめだ、と確認するに至った。

しかしである、鳩山兄の言動から、民主党を支持する気にもなれないのである。
あまりにも多すぎる「〜させていただく」は、謙りすぎてかえって慇懃無礼で嫌みに聞こえるだけで、おまえにそんなことを「させた」つもりはない、と突っ込みたくなる。

そういう言葉尻の問題を除外しても、民主党単独では政権が取れず、国民新党や社民党と連立する、といっているのだが、国民新党は元自民党、社民党はもと社会党である。党内に旧自民党、旧社会党の両方を抱える民主党の面目躍如だな。公明党が与党にいるのは許しがたいことだが、社民党が与党というのは同様に許しがたい。そもそも政策的にも、高速道路無料化など今の与党に負けないくらいのばらまきの内容が含まれている。少子化対策も恐らくピントはずれ、ないし目先の人気取りである。

わが東京11区では民主党は候補を立てず、日本新党の有田芳生を推薦し、他には多分共産党が候補を立てるくらいである。棄権はしたくないが、投票する候補や政党がなくなってしまっているのである。

要するに今の政党の枠組みではだめなのだ。前から民主党の支部長さんには進言しているのだが、がらがらポンして政界再編することが必要だ。政治家個人個人では自民党、民主党ともまともなことを主張している人も少なくない。そういう良識的な保守政治家が大同団結しないとこの国の将来はないだろう。

しかたがないから、我慢して政界再編を促すきっかけの一票を入れるとするか。

|

« 呆れた「リーダー」 | トップページ | 「怪奇」日蝕 »

コメント

憲法の改正には両院それぞれの3分の2以上、国民の過半数の賛成が必要ということは、逆に言えば、国民の過半数が共有し、議員の大多数が合意できる国の大方針は、常に憲法に反映し、そこに実態との乖離があってはならないのではないでしょうか。それを怠っているのは、憲法の遵守ではなく、憲法の死文化です。

憲法だけでなく、各種の法律も実態との乖離が放置されていることが多く、国民の大多数が共有している原則については党派を超えて明文化し、政党や派閥はその実現の方法について争うことをしないから、一部の利益を国民の声とすり替えて、便宜のために動く政治家しか出てこないのではないはないでしょうか。投票率の慢性的な低さがその傾向を助長していると思います。

投稿: wagonthe3rd | 2009年7月23日 (木曜日) 05時15分

そこで、幸福実g...m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン

投稿: 検査員 | 2009年7月23日 (木曜日) 21時14分

>>wagonthe3rdさん

建築基準法改正にしても、貸金業法改正にしても、一部の不心得者のために法律を改正するという角を矯めて牛を殺す傾向が最近の日本の法制にはありますね。投票率の低さにしても、若年層が低くて、結局福祉予算の9割以上が老人福祉という「利権構造」になってます。もうめちゃくちゃですね。

>>検査員さん

いや、こういう閉塞状況で、そういう選択肢が現実味を帯びたら、面白いかもしれないし棄権かもしれません(笑)。公明党に投票する人たちは既に洗脳されていますしね、「降伏なんちゃら」を批判できませんよ。

社民党と労組がしゃしゃり出なければ、今回の選挙に関しては、政界再編のきっかけとして民主党でほとんど問題ないと思うのですけど… あと動きが気になるのは渡辺喜美氏ですね。

投稿: フロレスタン | 2009年7月23日 (木曜日) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/45682779

この記事へのトラックバック一覧です: 投票先がない!:

« 呆れた「リーダー」 | トップページ | 「怪奇」日蝕 »