« またぞろ低レベルの地名問題 | トップページ | いい加減に長野県は迂回ルートを諦めるべき »

2009年6月18日 (木曜日)

不可解な敗戦

サッカー日本代表。やはり監督を変えた方がいいのではないか。
予選最終戦のアウェー・オーストラリア戦。前半先制するも、いつものように流れの中では得点できず、結局2006年のドイツW杯の再現のような逆転負け。

不可解なのは、どうして阿部が中澤の代わりのセンターバックだったのか。本職のセンターバックに山口、槇野といて、事前の報道では山口先発が有力だったのに、阿部先発で最後まで交替なしである。そして2点ともそこが穴だった。阿部がよい選手であることは間違いないが、今回の起用には疑問が残る。しかもキッカーとしても名手のはずなのに、フリーキックでもコーナーキックでも使わず、玉田、中村(憲)がキッカーだった。もちろんこの2人も名キッカーであることは間違いないのだが、どうにもチグハグに感じられる。のびしろを考えるなら槇野を使って欲しかった。

セットプレーで、オーストラリアにはケネディ、ニールとでかいのがいて、対して日本は闘莉王1人。それで2度ともマーカーが釣られて、ケーヒルにやられてしまった。

最初の失点の後、阿部を交替させてもよかったのではなかろうか。追いつかれて焦るのもいつものこと。前半を1-0で終えたことで、選手達に守りの気持ちが芽生えはしなかったか。

試合後半は岡崎が消えていた。前半に何度か相手DF裏への飛び出しがあったが、後半はそれを活かすような攻撃の組み立てが見られなかった。矢野と興梠の交替のタイミングや意図も今ひとつ不明。まあ逆転された後だから攻めて点を取れ、というメッセージなのは間違いないが、交替後も全くリズムが変わっていなかった。それと滑りやすそうなピッチコンディションだったようで、足を取られている場面が何度もあったが、あれスパイクの選択は正しかったのか?

NHKBSの中継ではアナウンサーが、よくパスがつながっている、と相も変わらず日本代表を褒めていたが、それで今までどういう結果だったことやら。サッカーはパスをつなぐことが最終目的のゲームではない。今回守備的MFに入った今野などは、よくボールに触っている、とこれまた賞賛していたが、確かによくボールには触っていたものの、ただそれだけのようだった。全体的に短い距離でパスをつなぐのはうまいが、中長距離のパスの精度はよくないなあ。

ただ、松井や長友が縦に突破を試みた時には、チャンスが生まれていた。局面で個人の力でアクセントをつけられる選手がやはり必要だ。だがやはり最後は攻撃の枚数が足りない。なんのかんの言って、中澤不在もそうだが、長谷部、遠藤の不在は非常に大きかったようだ。

まあ、勝って気が緩むよりは、これからの一年間の強化のための課題が明らかになったと考えれば悪い敗戦ではない。ドイツ大会の二の舞だけは見たくない。日本サッカー協会全体としての能力が試されるこれからである。

(追記)
似たような主張のブログを見つけた。
ただの消化試合に終わったオーストラリア戦。
【A代表】日本vsオーストラリア(away)

|

« またぞろ低レベルの地名問題 | トップページ | いい加減に長野県は迂回ルートを諦めるべき »

コメント

仕事というのは、一所懸命やるのが当然で、その上で結果を出して、初めて評価されるもの。
勤勉でありさえすればいいという、高度成長期のチョーお気楽な精神論を思い起こさせてくれました。

それとも、アナウンサー達は誉め殺しを狙っているのか?それならば、彼らは、獅子心中の虫ですね。(爆笑)

投稿: outlaw | 2009年6月18日 (木曜日) 11時18分

>>outlawさん

協会の犬飼会長の談話として「前半はいいところもあった」というのが今朝の毎日新聞に掲載されていました。サッカーは前半だけのゲームではないのですがねえ(苦笑)。

後半がダメダメだったのは選手自身がわかっているようで、それは試合後のコメントからも伺えました。いい例が岡崎。

ここのところ、マスゴミは彼を日本サッカーの救世主のように囃し立てたけれど、昨日のような出来では本戦ではダメでしょうね。

それと試合後のインタビューですが、あまりにもお粗末な質問ばかりで聞くに堪えませんでした。いつものことですが。あれでは人間が質問する必要がない。質問票を渡して答えを書いてもらえばすむような質問ばかりです。

投稿: フロレスタン | 2009年6月18日 (木曜日) 11時36分

CBに本職の山口・槙野を起用しなかった点、まさに同感です。

今までの代表戦は先制した後に、守るのか攻めるのかの明確なビジョンのコンセンサスがチームに浸透しないまま、(でもマジメで勤勉な日本人気質からか、どっちつかずではあるが何となく2点目も狙おう位の立ち位置で)試合を進めてしまう傾向にあったと思います。

オーストラリアは悔しいけど現段階では日本より格上のチーム。そういう相手に先制した時のジャパニーズカテナチオを試してもらいたかったですね。本戦でも起こり得る展開かと思うし。

後半からは橋本・玉田OUT、山口・槙野INで実質5バックの3-4-3(5-2-3)、阿部は今野とWボランチです。守備的というなら、SBを内田から駒野にシフトしても良かったかも。
攻撃は数少ないであろうチャンスを憲剛のミドルと松井の突破と岡崎の飛び込みのみに任せ、7人+GKでボッコボコに攻められながらどれだけ耐える事が出来たのか、主力を休ませ、1位突破を狙い、本戦に通ずるかどうかのテストをいっぺんにやるっていうなら、こうだったんじゃないですかね。

投稿: HT PP | 2009年6月18日 (木曜日) 16時32分

>>HT PPさん

コメントありがとうございます。
おっしゃるように、日本代表は比較的早い段階で先制した後の戦いが不明確ですね。

同点にされた後も、逆転された後も、本番で起こりうる状況なのに、それに対して有効な手を打たなかった(打てuなかった?)ので、後半15分過ぎからは見ていてイライラしました。

昨日のウッチーは攻撃、守備とも中途半端だったので、守るなら駒野inという選択肢も確かにありですね。

高さのあるFWも確保すべきだと思うのですが、これもやってない。岡田監督の頭の中では巻(兄)や田代などはきっと過去の選手なのでしょう。

投稿: フロレスタン | 2009年6月18日 (木曜日) 18時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/45374193

この記事へのトラックバック一覧です: 不可解な敗戦:

» 岡田ジャパン 最悪の逆転負け!! [スポーツ大好き人間]
2010年W杯アジア最終予選最終節のオーストラリア対日本の一戦がオーストラリア・メルボルンで行なわれ、日本は前半に田中マルクス闘莉王のヘッドで1点を先制するも後半にカーヒルに2得点を奪われて最悪の逆転負けを喫した。 両チームともに、2位以内を確定させてW杯出場を決定しているため、消化試合となった試合だが、W杯ベスト4を狙う岡田ジャパンにとっては大事な試合だったと思う。 日本の先発では、前線に岡崎慎司、玉田圭司が入り、中盤には、松井大輔、中村憲剛、橋本英郎、今野泰幸。守備陣では、闘莉王、阿... [続きを読む]

受信: 2009年6月18日 (木曜日) 12時33分

« またぞろ低レベルの地名問題 | トップページ | いい加減に長野県は迂回ルートを諦めるべき »