« 箸墓古墳を何が何でも「卑弥呼の墓」にしたい人たち | トップページ | プリンタ(複合機)のメンテナンス »

2009年6月 3日 (水曜日)

エコな内ゲバ

山手線某駅ホームにあるNEWDAYSのガラス面に貼られていた「エキからエコ」キャンペーン?のポスター(あまり大きくない)。

レジ袋の削減に御協力を、とあって、その下に「家に帰れば不要になるレジ袋。製造だけでなくリサイクルでもCO2を排出します」とある。大東亜戦争の時は、こんな調子で「欲しがりません、勝つまでは」なんてやっていたのだろうな(^_^;)。

レジ袋をゴミ袋にすれば、家に帰っても不要にはならないし、燃料として機能する。分別しすぎて生ゴミの水分が多く、重油を燃やしているようなアホなゴミ処理よりもまともになる。しかも、その自治体のゴミ処理は、指定のゴミ袋を改めて作るという無駄と利権の温床。

だいいち、この表現だと、「エコな人たち」の大好きなリサイクルも悪者になっている(笑)。

ま、(NEWDAYSを経営する)JR東日本リテールとしては、エコな企業であることをPRできて、なおかつマイバッグを売れればそれでいいのだろう。所詮エコなんてそんなもの。こちらは会社はNRE(日本レストランエンタープライズ)だが、そのうち駅弁もマイ箸、マイ弁当箱でなんて言い出すかもしれない。

|

« 箸墓古墳を何が何でも「卑弥呼の墓」にしたい人たち | トップページ | プリンタ(複合機)のメンテナンス »

コメント

> 管理人様

> レジ袋をゴミ袋にすれば、家に帰っても不要にはならないし、燃料として機能する。

仰る通りで、結局ゴミ袋を買えば、同じになってしまうように感じました。ホント、ワケの分からない省エネが多くて・・・

投稿: tenjin95 | 2009年6月 3日 (水曜日) 20時04分

>>tenjin95さん

そうなんですよね。レジ袋削減に躍起になっている人たちが、自治体の指定ゴミ袋という存在は何の問題もないように受け入れているのが実態でしょう。

石油を使って「余計な袋」をつくっている、という点では同じことです。ならば買い物でレジ袋を使い、それをゴミ袋に転用すればこれは立派な「リユース」になる。エコな人たちが好きな3Rの人の1つです。

投稿: フロレスタン | 2009年6月 3日 (水曜日) 22時35分

「エコ」という言葉を目にしたり耳にすると悪寒がします。
他にも地球温暖化、オーガニック・・・とか、悪寒言葉はいろいろありますですが。


ゴミ袋・・・・・・・・・・・・・・・・・高い!

投稿: 圭 | 2009年6月 3日 (水曜日) 22時39分

>>圭さん

悪寒という文字を見たら、aucunを想像してしまった。「そんなやついない」でしょうね(^_^;)。

農業関連ではオーガニックだけでなく「有機無農薬」という日本語も同種の言葉ですね。私が一番嫌いなのは「地球に優しい」という情緒的な表現ですわ。

ゴミ袋はいわば独占販売ですからねえ。

あ、そうそう。6日から13日までPlzeňに滞在します。

投稿: フロレスタン | 2009年6月 3日 (水曜日) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/45223528

この記事へのトラックバック一覧です: エコな内ゲバ:

« 箸墓古墳を何が何でも「卑弥呼の墓」にしたい人たち | トップページ | プリンタ(複合機)のメンテナンス »