« 松井秀喜は限界が近いのか? | トップページ | 都議選告示 »

2009年6月30日 (火曜日)

比例一位の末路

いよいよ自民党は窮したか。総裁候補の座を要求した東国原を懐柔したいのか、東京か南関東の比例一位で担ぎ出すらしい。これは有権者を愚弄した話だ。大政党の名簿一位なら選挙を戦う前から当選が決まったようなものだからだ。その分、客寄せパンダとして苦しい戦いの選挙区の応援演説にでも起用するつもりなのだろう。

権力志向で知事の座を放り出す男(もしも次の総選挙に出馬したとすれば、だが)を落選させようとすれば、それこそ当該選挙区の有権者のほぼ全員が、比例区には自民党と書かないか白紙で投票するしかない。それは非現実的だ。

しかし、である。

皆さんは猪口邦子という名前に記憶があるだろうか。小泉チルドレンの候補者として前回の総選挙で東京ブロックから自民党の比例一位で立候補して当選し、上智大学の教え子達を放置したおばさんである。
彼女が一体どんな実績をあげたというのだろうか。もちろん猪口と東国原は別人格であるから、同列に扱うのはどんなものかとも思うが、自民党の比例一位など所詮こんなものだろう。当選後、党員集めがままならなければ次回の選挙では冷たくあしらわれる。

猪口なんてまだ名前を記憶されているだけましかもしれない。他にも終身比例一位(北関東ブロック)で物議を醸した中曽根大勲位などの存在もある。彼は小泉元総理によって引退に追い込まれた。

総選挙の比例一位などこんなものである。歴史に学ぶのであれば、政党の目くらましにあってはならない。

|

« 松井秀喜は限界が近いのか? | トップページ | 都議選告示 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/45499415

この記事へのトラックバック一覧です: 比例一位の末路:

» 小泉チルドレン 使い捨て [◇youtube動画最新ニュースblog◇]
横須賀市長選、総選挙の予兆?:辛口ウオッチャー:So-net blog小泉チルドレンをバックにした改革推進派の動きが気になって、”ぶれ”続けてきた――これが現実の麻生誠二であり、麻生不人気の原因なんでしょう。 このように、今回の横須賀市長選の様相を「無党派票=小泉改革が生んだ現象への批判票」と解釈すると、目前 ...(続きを読む) 小泉チルドレンの象徴的存在? | 1日12時間以上TVを見ている男の日常小泉チルドレンのタイゾー議員こと杉村太蔵議員が次期衆議院議員選挙出馬断念を表明とのこと。 結局... [続きを読む]

受信: 2009年7月 2日 (木曜日) 12時24分

« 松井秀喜は限界が近いのか? | トップページ | 都議選告示 »