« ナンチャッテ国際空港 | トップページ | またぞろ低レベルの地名問題 »

2009年6月16日 (火曜日)

ところでphase 6

マスクなんぞしているのは成田空港の職員はじめ、日本人だけですな。
成田空港の職員は全員マスク着用。ただし法務省(出入国管理)や厚生労働省(検疫)や空港職員、店舗従業員、空港が委託していると思われる警備や清掃などの人たち。チェックインの航空会社職員はしていない。

そして、Charles-de-Gaulle空港でもプラハのRuzyně空港でもチェコ国内でもマスク着用なんてだれもしていない。ユネスコ世界遺産のチェスキー・クルムロフあたりは日本人やシナ人観光客もけっこういたけれど同様。空港には新型インフルエンザ(SchweinとかSwineという表示があるので、相変わらず「豚起源」が目に入る)自体、そもそも話題にすら上っていないのである。

|

« ナンチャッテ国際空港 | トップページ | またぞろ低レベルの地名問題 »

コメント

今チューリッヒにいますが、マスクはスイスでは禁止とか?顔で人が認識できない姿で外出してはいけない規則だそうです。
これは60年代の学生運動のころにできた法律とか。今ではこの法律で、モスレム女性のスカーフに対処しているとの話を昨日聞きました。

投稿: そろそろ | 2009年6月16日 (火曜日) 22時08分

>>そろそろさん

あら、そうなのですか。
スイス、ということは連邦レベルでの法律ですね。直接民主制の時にも顔認識は使えそうです。

投稿: フロレスタン | 2009年6月17日 (水曜日) 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/45353522

この記事へのトラックバック一覧です: ところでphase 6:

« ナンチャッテ国際空港 | トップページ | またぞろ低レベルの地名問題 »