« 驚愕・天地人 | トップページ | 今更だが裁判員制度に異議あり »

2009年5月25日 (月曜日)

詐欺師森田健作とこれを手助けする麻生太郎

自民党の支部長なのに、千葉県知事選挙を「完全無所属」として戦い当選した森田健作が、公選法違反だかなんかで早々と告発された。早々といえば、彼の公約の1つである東京湾アクアラインの通行料金の800円への引き下げも、政府の景気対策とやらに乗ったのか、実現が決まった。

猪瀬直樹ではないが、高速道路関連諸公団の分割や民営化とは一体なんだったのだろうか、と思う。
休日の普通車1000円にしても、高速道路会社が自主的に経営判断しての結果ならともかく、値下げ分は税金で負担する、という完全な政治の主導権のもとで実施されているのだから、始末が悪い。しかもETC限定なので、ETC利権は拡大してしまう。高速道路の民営化は公団ファミリー企業の既得権の剥奪にあったはずなのに、今や有名無実と化しつつある。この愚策のために経営が悪化したフェリー会社に対しても陳情の結果、税金から補填をすることになったようだ。赤字国債を乱発してでもこういう目先の人気取りや対症療法的な施策ばかりを実施する麻生内閣の質の悪さが見て取れる。

これまでの流れからすると東京湾アクアラインの料金値下げは、千葉県側から神奈川県・東京都側への流出超過がさらに顕著になり、千葉県の地域経済に対する効果はあまり期待できないだろう。アクアラインはその位置や性格から首都高速中央環状線や東京外環自動車道のような広域的な通過交通処理能力は期待できず、ほとんど受益がない多くの国民が料金値下げの尻ぬぐいをしなくてならないという不条理が厳然として存在する。ところがメディアの報道は、森田の公約が早期に実現したというところで止まっており、国民の負担増(ないし将来へのツケ回し)に関しては知らんぷりである。

振り込め詐欺を撲滅しようとするのはよいが、こういう詐欺師もなんとかしてもらいたいものである。

|

« 驚愕・天地人 | トップページ | 今更だが裁判員制度に異議あり »

コメント

> 管理人様

森田知事、あの剣道二段という「詐称」までありましたけど、ホントこういう思い込みが激しく、或いは自意識過剰な人間は、芸能界だけに留まっていれば良いんだと思うんですよね。

投稿: tenjin95 | 2009年5月25日 (月曜日) 06時11分

>>tenjin95さん

そういえば、剣道二段の詐称もありましたねえ。
確かに芸能界だけなら害毒も少ないのでしょうが、その芸能界で「青春の巨匠」などと持ち上げられて勘違いしてしまったのでしょうね。

巨匠というより虚匠ですな(^_^;)。

投稿: フロレスタン | 2009年5月25日 (月曜日) 10時45分

ETCはもはや15年前の技術ですからね。今やNシステムと同様の技術を使えば、全く徐行せず、車になんら機材を積むこともなく、料金の自動収集が可能です。

ニュージーランドで初めての有料高速道路で実用化されました。ちなみに支払いもインターネットで可能です。前払いも後払いも可能ですよ。

英語ですが、仕組みの説明です。
http://www.landtransport.govt.nz/tollroad/how-tolls-are-collected.html

投稿: wagonthe3rd | 2009年5月25日 (月曜日) 18時44分

>>wagonthe3rdさん

情報提供、ありがとうございます。
日本でもNシステムはあるわけですし、徐行の必要もなければ、危険を伴うバーの開閉もないわけで、かつ妙な利権が発生しないということも含めて合理的でしょうね。

猪瀬直樹に教えてあげましょうかねえ(^_^;)。

投稿: フロレスタン | 2009年5月25日 (月曜日) 23時07分

そうは言っても、そんな詐欺師を選んでしまう千葉県民もどうかと思います。

政治家のレベルはその国の民のレベルを表すと(政治家は!?)言いますから。

どっちもどっち、いえ、騙される県民の方が問題だと思います。

投稿: outlaw | 2009年5月28日 (木曜日) 00時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/45120716

この記事へのトラックバック一覧です: 詐欺師森田健作とこれを手助けする麻生太郎:

» 車の税金解決サイト [車の税金解決サイト]
車の税金のことを簡単に分かりやすく説明しています [続きを読む]

受信: 2009年5月25日 (月曜日) 01時11分

« 驚愕・天地人 | トップページ | 今更だが裁判員制度に異議あり »