« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月30日 (土曜日)

箸墓古墳を何が何でも「卑弥呼の墓」にしたい人たち

考古学者や歴史学者や奈良県の歴史や観光などの関係者の中に、勝手に邪馬台国は大和にあったと結論づけて、出世や名声、あるいは経済的利得が欲しい人たちがいるようだ。


箸墓古墳、240~260年築造 卑弥呼の死亡時期と一致 炭素年代で判明

時期が近いということがわかっただけで、炭素年代測定法は場所まで特定しない。最初から結論があるとこういうことになるのだな。マスゴミもどうやら畿内説が主流のようだ。

先入観なしで見れば、この古墳の築造年代が、土器の形式からは270年代前後、炭素年代測定から240〜260年ということは、260〜270年あたりと考えるのが現時点では妥当だろう。仮に卑弥呼の没年が248年とすれば12〜22年のずれがある。大規模古墳だから築造に時間がかかったと見ることもできるが、埋葬者の生前から築造が始まったと考えることも可能だろう。要するに何も断定できる要素はないのだ。

正直なところ、邪馬台国がどこにあったか、どうでもよいと私は思っている。決定的な新しい証拠が出てくるといったようなよほどのことがない限り(宮内庁が姿勢を変えればその可能性はあるかもしれない)、この問題は決着はつかないのではなかろうか。そしてそのことで研究者もアマチュア愛好家も、ああでもない、こうでもない、ここだ、あちらだと議論をしながら幸せな時間を過ごしているのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今更だが裁判員制度に異議あり

多分悪法なのだと思うが、既に施行されてしまった裁判員制度。

個人的には制度化された後、一昨年くらいだった、少しだけだが積極賛成論者の人と論争したこともあるが、それ以降批判本を買ってみたりはしたものの、まともには読まず(笑)、大学の教養の時に法学の授業を選択して、課題で裁判の傍聴レポートを書いたくらいで、法律の専門家というわけでもなく(都市計画関連法規を除いて)、それでも裁判員制度にはずっと違和感があり続けているのが事実である。

何故か少し整理してみようと思う。違和感を感じていたり、反対だったり、今ひとつよくわからない、という方もいると思うので、批判的立場からそういう人の参考にも少しはなるかもしれない。

まず裁判員は国民の義務である、という点。
憲法は国家を縛るものだが、日本国憲法に書いてある国民の義務は納税、教育、勤労の3つである。
あれ、いつ憲法改正したのだっけ?
無能な法曹専門家を補助するという意味では教育かもしれないし、具体的に何日か拘束されると言うことは勤労の1つかもしれないし、(日当があるとはいえ一万円に過ぎないので)労働力を提供するという一種の「血税」(本来の徴兵という意味と同じでね)かもしれない。要するに拡大解釈ができるわけだな(笑)。

そもそも何で「呼び出し」なのだ。こういう所にお上意識を強く感じるね。本来ならば裁判所の方からお願いに出向いてくるべきではないのかな。

マスゴミが市民の視線、良識というのをことさらにプラスに評価している点。
こいつらは、本当は一般大衆は愚かだと思っているはずなのに(彼らの生み出す記事や番組を見ればそのことはよくわかる)、その本音を隠しての「市民参加はよいことだ」という一種のイデオロギーを振りまいているに違いないのだ。

そのメディアは、裁判員裁判の対象になる起訴が何件あったか、という報道に熱心である。「新型インフルエンザ」の感染者数が累計で何人になったか、というのとよく似ている(笑)。いたずらに国民の不安を煽るという点でも共通している。

アメリカの陪審員制度と似て非なるもの、という点。
量刑までは陪審員は判断しない、というのはよく取り上げられるのだが、守秘義務を墓まで持って行かなくてはならない日本の裁判員制度の過重な負担は、言われはするもののあまりたいしたことではないかのような扱いである。多分、そのうちあちこちでいろいろとトラブルが発生するに違いない。断定する根拠はないけれど(^_^;)。

関連して、これも今更なのだが、裁判員が関わるのは一審だけだが、控訴して逆転判決になったら敗訴レまでよ、もとい(^_^;)、ハイそれまでよ。それでま守秘義務は死ぬまでついて回るのか?!

心のケア、という胡散臭さ。
またしても心のケアである。そんなものが必要になるくらいなら、重い刑事事件を対象としなければよい。これなどは法曹界と臨床心理学関係者、カウンセラーあたりが組んだ新しい利権ではないか、と勘ぐってしまう。

1つだけ期待できるかもしれないのは、検察官や弁護士、裁判官などの法曹専門家の莫迦さ加減、浮世離れ、尊大・傲慢・勘違いなどが一般市民である裁判員の目に触れることだろうか(^_^;)。

理由なく出頭しないと過料10万円だそうで、有志で共同して過料支払いのための互助会作って、確信犯的に出頭しない、という人が増えたら面白いと思うが、そういうのは公序良俗に反するなどと指導や摘発の対象にされるんだろうな(笑)。

私は今回は候補者になっていないし、死ぬまでならないことを期待するが、もしも選ばれてしまったら10万円払ってしらばっくれるか、逆に法曹専門家の莫迦さ加減を暴いてやろうか、両極端のことを考えている。そして、しらばっくれなかったら、もう余命いくばくもないとわかった時に、全部バラしてやる(笑)。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2009年5月25日 (月曜日)

詐欺師森田健作とこれを手助けする麻生太郎

自民党の支部長なのに、千葉県知事選挙を「完全無所属」として戦い当選した森田健作が、公選法違反だかなんかで早々と告発された。早々といえば、彼の公約の1つである東京湾アクアラインの通行料金の800円への引き下げも、政府の景気対策とやらに乗ったのか、実現が決まった。

猪瀬直樹ではないが、高速道路関連諸公団の分割や民営化とは一体なんだったのだろうか、と思う。
休日の普通車1000円にしても、高速道路会社が自主的に経営判断しての結果ならともかく、値下げ分は税金で負担する、という完全な政治の主導権のもとで実施されているのだから、始末が悪い。しかもETC限定なので、ETC利権は拡大してしまう。高速道路の民営化は公団ファミリー企業の既得権の剥奪にあったはずなのに、今や有名無実と化しつつある。この愚策のために経営が悪化したフェリー会社に対しても陳情の結果、税金から補填をすることになったようだ。赤字国債を乱発してでもこういう目先の人気取りや対症療法的な施策ばかりを実施する麻生内閣の質の悪さが見て取れる。

これまでの流れからすると東京湾アクアラインの料金値下げは、千葉県側から神奈川県・東京都側への流出超過がさらに顕著になり、千葉県の地域経済に対する効果はあまり期待できないだろう。アクアラインはその位置や性格から首都高速中央環状線や東京外環自動車道のような広域的な通過交通処理能力は期待できず、ほとんど受益がない多くの国民が料金値下げの尻ぬぐいをしなくてならないという不条理が厳然として存在する。ところがメディアの報道は、森田の公約が早期に実現したというところで止まっており、国民の負担増(ないし将来へのツケ回し)に関しては知らんぷりである。

振り込め詐欺を撲滅しようとするのはよいが、こういう詐欺師もなんとかしてもらいたいものである。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2009年5月24日 (日曜日)

驚愕・天地人

大河ドラマ「天地人」が糞作品であることは、既にあちこちで言われて久しいようだが、こんなブログもあるし=NHK『天地人』、今週のお粗末(『三成の涙』) =週刊朝日にも批判記事が出たようだ。
「天地人」はこんなにヘンだ!

前にも書いたように、主役の出身地(新潟県六日町=現南魚沼市)に仕事で縁があったことや謙信後から関ヶ原までの上杉家を描いたドラマをこれまで見たことがなかった、それと大島ミチルの音楽が好きというだけの理由でこのドラマにつきあっているわけだが、脚本のダメさはもうどうにも止まらないな。そろそろ我慢できなくなってきたので、批判の火の手を上げることにした(笑)。

上記のブログにも記載されているが、本能寺の変(これもへんちくりんな描写だったが)の後、いきなり3年間の主要な出来事をナレーションだけでざっと片付けて、秀吉が関白に就任していたのにはびっくりした。

さて本日放映の「三成の涙」。おお、涙は兼続の専有物ではなかったのか(^_^;)。
しかしなあ、秀吉から「三成が涙を流したのは、おねに握り飯を食わせてもらった1回だけ」と聞いて、すぐに握り飯をもって(秀吉の命令で席を外していた)三成に会いに行った兼続のどこが「智将」なんだ(笑)。妻夫木聡はいつになったら智将を演じさせてもらえるのだろうか?

まあこのシーンは魚沼産コシヒカリの産地である地元に対するNHKの配慮なのだろうが、脚本が糞だからよけいにこういう気配りが必要になることを、脚本家自身がわかっているのだろう。

タイトルは「三成の涙」だったのに、実は焦点は「景勝正室の武田信玄の娘菊姫の懐妊誤報騒動」にあった。脚本家が現代の女の視点で愛を描いたりするからこういうことになる。この騒動で時間を空費した兼続は、直江屋敷を訪問した三成を長時間待たせて、帰ろうとする間際に間に合って、夕餉の宴を催して仲良くなる、というこれまた臭い展開なのだ。

そして、最後は1つの握り飯を兼続と三成が分けて食べて、三成が「生涯で二度目の涙」を流すシーンだった。安っぽいよなあ。2000年の大河ドラマ「葵徳川三代」で江守徹演ずる石田三成が、淀に必死で軍資金の拠出を懇願しながら涙を流していたシーンがあったが、戦国武将ってのは(史実にこういうシーンがあったかどうかは別として)こういうものだろう。泣き虫2人の食べた握り飯はさぞかし涙でしょっぱかったのだろうと思う。

ところで、4月くらいからこのドラマ、出演者が極端に少なくなっている。オープニングの時のキャストのクレジット表示で、やたら空白が多いのである。徳川家康には家臣は本多正信しかいなかったのかな(笑)?その家康と正信の登場シーンも、今日あたりは(いや、これまでのところ毎回かもしれないが)必然性が感じられないのである。秀吉と上杉が結ぶとやっかいなことになる、という台詞があったが、これは関ヶ原への伏線のつもりなのだろうな(笑)。歴史を知っているから後付でこんな台詞が書けるわけで、この時点で秀吉と結ばなければ、上杉に限らず大名家は滅亡だぜ!

来週は真田「幸村」(史実は真田信繁)が「かっこよく」登場するみたいだけれど、北条と徳川の板挟みで存亡の危機に立たされていた真田家が、秀吉を頼って「次男坊」の信繁を人質に差し出したわけで、人質は人質らしく描いて欲しいよね。真田が登場となると長澤まさみの登場シーンも増えるのかな。これも鬱陶しい限りだ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

何故感染者数だけを問題にするのか

豚インフルエンザそのものは豚の病気なので、新型インフルエンザと名付けられた今回のA型H1N1亜型。強毒性の鳥インフルエンザの恐怖が感染もしていない日本で喧伝され、これへの対応と同じやり方がとられている(厚生労働省は意図的なのか?)こともあって、日本国内はある種のパニックである。集団ヒステリーと名付けて皮肉っているブログもあるし、アメリカあたりのメディアからは偏執狂とも呼ばれている。一面真実かもしれない。

感染者数といっても遺伝子検査をして陽性と判定された数であり、かならずしも実態を反映しているわけではない。しかも報道されているのは累積数であって、これにどこまで意味があるのか。ようやく最近になって20日がピークだったなどと言っているが、それとてどこまで本当なのかは、発表された感染者数=本当の感染者数とは限らないから、怪しい限りである。

何故かメディアがマスク着用を煽っている。今日テレビで見たのでは徳光和夫。自身はマスクを着用して取材をしながら、マスクをしていない一般市民に対して説教口調であった。でもその番組で報道していたのはマスクの売り切れ(笑)。したくても手に入らないのよん。こういう状況を招いたのもメディアに責任の一端はないのかな。マスクの多くは家庭内やバッグ内に死蔵されているようだ。実用的に使われているのではなく、お守り状態というわけ(笑)。

健康ヲタクにとっては、命よりも健康が大切、というジョークがあるが、今回の騒ぎを見ていると命をかけて「新型インフルエンザ」への感染を防ごうとしている役所、医療関係者や一部国民の姿が見て取れる。新型インフルエンザに感染しさえしなければ死んでもいいような風潮である。いや、冗談ではない。治療を要すべき病気は感染症を除外しても、いつでもいくらでもある。NHKラジオの感染症情報を聞けば、常になにがしかの感染症があり、時にはかなり重篤な症状を引き起こすものがあることもわかる。しかしラジオで平日午後に感染症情報を流していることなど知らない人の方が圧倒的に多いことだろう。

数日前の毎日新聞に感染症の専門家の話として、今回の「新型インフルエンザ」の特徴として20〜50代の健康な人の感染が多く(その後、高校生に発症が多いのは、1957年生まれ以前の世代にある主の免疫があるのではない、という説も出ている。赤ん坊の時から清潔な環境で育っているからなあ)、一方季節性インフルエンザでは高齢の患者が肺炎などを引き起こして死亡することが多い、という違いが指摘されていた。具体的な特徴がわかれば、それに適した対応策も採りやすいだろう。しかし今回の騒ぎではそういうことはなく、ただマスクや手洗いのみが奨励されている。

こういう具体的な説明を端折って、感染者数の増加やある地域での感染者第一号発生をセンセーショナルに取り上げているメディアは狂っている。八王子の女子高生は謝罪したそうだが、どうして被害者が謝罪しなくてはならないのか。

手洗いに関していえば、コンタクトレンズを装用している私は、毎日帰宅後に手を洗う。そうでないとコンタクトレンズの手入れができないからだ。コンタクトレンズの洗浄をきちんとしている人はもしかきしたら感染が少ないのではないかと思う。誰か疫学専門の人、調べてみてはいかが?

それから学校が休みになり、どうして休みになったかの理由を理解しようもせず、暇だからと街に繰り出すおバカ高校生達。夏休みが短くなると困る、などともほざいている。暴言承知で言えば、一度こういうやつらの中から重篤な感染症での死亡者が出るとよいのだ。そうでもしないとこいつらのノー天気は生涯治らないだろう。家でじっくりと読書でもする、という選択肢はこいつらには最初からないのだろうな。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年5月22日 (金曜日)

経団連副会長よく言った(腰砕けになるなよ)

<経団連>「京都議定書は失敗」副会長が政府批判 (ウェブ魚拓)

京都議定書が欧州との外交戦の敗北であることは今更言うまでもない。1990年を基準年にしたのが欧州の利益に合致することはいろいろなところで論じられている。
今回の経団連副会長の主張は全くの正論で全面的に支持するが、言うのが遅すぎるよ(^_^;)。政府は偉そうなことを言っているが、自らはどうなのだ?国会や政府機関、関連機関などの公的セクターの二酸化炭素排出減はさぞかし順調に進んでいるのだろうな。

世界の笑いものというけれど、今の新型インフルエンザへの日本の反応は既に世界の笑いものになっている(笑)。今更世界の笑いものになることを恐れる必要などどこにもないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月20日 (水曜日)

来季から出場権を剥奪せよ

サッカー・アジアチャンピオンズリーグ(ACL)からシナのチームを追い出せ。なんなら2014年のW杯の予選も。

カンフーサッカーは今に始まったことではないがまたこの始末である。

野沢にレーザー攻撃!鹿島大荒れ1位突破
ウェブ魚拓

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月17日 (日曜日)

祭りの前・後の祭り

神戸まつりの日に神戸の高校生に新型インフルエンザの感染者が出て、まつりが中止になったのはなんとも皮肉かつ気の毒な話で、この日のために準備してきた出演者の中には中止でなく延期にできないのか、という声もあるようだ。それももっともである。とまあ、とりあえず自分の近くで発生してないからまだ気楽にこんなことを書いているわけだが(^_^;)…

それにしても、逆にまつりが終わった直後に感染者が発生なんてなったら、どういう騒ぎになっていたことやら。「後の祭り」にはならなかったわけだ。

どちらにしても、メディアを中心に少々騒ぎすぎのような気がする。今の状態では感染者が「被害者」「病人」でなく「加害者」「悪者」にされてしまう雰囲気がある。強毒性に変化する可能性がある以上、現状で感染力や毒性が強くないからといって過小評価するのは問題だが、さりとて騒ぎすぎはいけないだろう。

いくら新型といっても人間には自然治癒力がある。手洗いをまめにして、きちんとバランスの取れた食事を摂り、ストレスを発散させて免疫力が低下しないように心がけたいものである。その意味でも過剰に反応して不安にかられるのはよくない。

それから電車やバスの中などの閉じた公共空間で咳をするのに口を押さえない莫迦がけっこういる。こういうやつらこそインフルエンザに感染して高熱で苦しめばいいのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日曜日)

これも税金で作ったのか?

先日の帰宅する時の電車の中で、いかにも実直そうなサラリーマン(見た目50代半ばくらい)がいて、私に背中を向けた。すると目に入ったのが黒色の携帯のネックストラップの白い文字。

Ministry of Health, Labor and Welfare

厚生労働省かよ。こんなネックストラップがあったのか、と思った。

それにしても、こんなものを身につけている物好きは厚労省の役人とせいぜい外郭団体の職員くらいなものだろう。一瞬、このストラップで首締めて殺してやろうか、と殺意が芽生えた、というのは嘘だが、腹の中で「莫迦野郎」と叫んでいる自分がいた(^_^;)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年5月 9日 (土曜日)

地デジに巣くう滓(CAS)

小型B-CASカード、11月以降導入へ

B-CASの見直しってカードサイズのことだったか、という笑い話で済まされればよいが、そもそもB-CASそのものがいらない(地上波の無料放送にスクランブルをかけているのは日本だけらしい)、独占禁止法に抵触する可能性がある、利権の巣窟だ、などと批判されていたはずだ。

しかもほとんどの人はこんなカードの存在を認識せずに、あるい知っていても様々な問題を含んでいることまでは知らずに、地デジ対応の機器を購入しているのが実情だろう。我が家の地デジ対応のJCOMのチューナーにもB-CASカードが挿入されているが、これがないとデジタル放送は見られません、というのでしかたなく「放置して」ある(笑)。なくてもすむなら、こんなコソ泥みたいに天下り利権組織を養うようなものは駆逐してしまうべきだ。公正取引委員会は何をやっているのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 8日 (金曜日)

1000円均一に釣られて各々が大渋滞の原因となった休日ドライバー達

やっと1000円高速大渋滞GWが終わった。今更家族連れで遠出するような家族の年齢構成でもないし(^_^;)、金もないし(笑)、大渋滞に巻き込まれて疲れるのは嫌なので、車で遠出はしなかった。後半は雨だったし、なんかうだうだして終わってしまった。

交通量の増加が渋滞の一因であることは間違いないが(道路の交通容量の1割くらい増加すれば渋滞は発生するし、そもそも現在の高速道路の計画の前提となる料金抵抗は1000円均一という低い値を前提とはしていないはずである)、いわゆるサンデードライバーが大量に発生したことが大渋滞の主因だろう。彼(女)らは登り坂で減速しても気づかないでアクセル踏み込まないし、さしてスピードを出していない癖に3車線の区間で平気で第2レーンを走って渋滞の原因をつくる。トンネルの入り口から中でも減速して渋滞の原因となる。インター入り口の加速車線で加速できない初心者も少なくない。こいつらとできれば一緒に走りたくないのだ。

それにしても、1年前はガソリンの高騰で交通量が減っていたのにどうしたことだ。あの時の総理はガソリンの値段が安いのは地球温暖化の原因となって国際的に恥ずかしいなどと言っていた。その総理も今や前総理。今の総理は景気対策とやらでこの妙ちくりんな施策を実施した。言っていることとやっていることがバラバラである。

昨日のニュースでは業務用の大型車の運転者がインタビューに答えていたが、こちらは1000円の適用がなくて不公平だし、この渋滞のために普段なら1日で走れる区間を3日もかかってしまって大迷惑だと言っていた。物流が滞るということは経済停滞の一因である。船会社が打撃を受けていることは以前も記したが、どうやらJRの利用者数も減ったらしい。

同じニュースの中で、東北道の佐野SAでご当地ラーメンがとぶように売れて店長がホクホク顔だったが、別の農産物直販店は1割の売り上げ減だったという。

つまるところ、一部に1000円高速の恩恵を受けた業界はあるものの、トータルするとそれほど大きな経済効果はなかった、というのがオチだろう。ここいらはだれか経済学者あたりが定量的に分析してくれることを期待したい。

今年は9月にもう1回「大型連休」があるわけだが、また同じ騒ぎになるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土曜日)

3人乗り子連れママチャリはやはり危険がつきまとう

少子化対策を「錦の御旗」に、一部の母親の主張をからこともあろうに「3人乗り自転車」が条件付きとはいえ合法化されようとしている。しかし(自転車が我が物顔で歩道を走行する)日本の道路事情と母親達の自転車運転の技術・安全意識を考えると、できればこれはやめて欲しいと思う。

昨日のこと、それほど交通量が多くない交差点(片方の道路は幅広の歩道付きで私はそちらを通行中)で信号が青になったので渡ろうとしたら、右から信号を無視して突っ込んできたママチャリとぶつかりそうになった。視界に暴走気味のその自転車が目に入ったので足を止めて事故にはならなかったが、後部に籠をつけて3歳くらいと思われる男児を乗せており、ブレーキの効きがかなり甘いような動きだった。

私の位置にいたのが老人や幼児だったら衝突した可能性が大きいし、あんな運転をしていたのではそのうち「自爆」するか自動車と衝突してもおかしくない。2人乗り(現状では違法なのだろう)でもこの始末。慣性の法則や運動エネルギーを考えろよな、といっても母親の多くは物理などさっぱりか。

一般的に1つの例から全体に言及するのは論理的でなく無謀なのだが、日頃目にする自転車の挙動からこの問題に関しては暴走ママチャリは氷山の一角といって差し支えないだろう。

さて、3人乗り自転車は走行の安定性など安全性に配慮するということになっているらしいが、所詮は乗り手次第である。毎日のように子供を乗せて走行していればブレーキのききも甘くなるだろう。走行が安定すると言うことはそれなりに車幅を確保することになるのだろうから、法令で認められたとばかりに歩道を我が物顔に走行されたら危険だし迷惑だ。ベビーカーの扱い方などからすると、幅広の歩道では3人乗り自転車が並走する可能性も充分に考えられる。憂鬱だ。

もちろんきちんとした母親もいるはずだ。だからこそ、もしも子連れ自転車という暴挙を法令で認めるなら、点検や講習の義務づけ・厳格化とセットにし、違反者はビシビシ取り締まってもらいたい。それといつも主張しているように、可能な限りの自転車走行帯の分離が必要であることも言うまでもない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »