« 1000円均一に釣られて各々が大渋滞の原因となった休日ドライバー達 | トップページ | これも税金で作ったのか? »

2009年5月 9日 (土曜日)

地デジに巣くう滓(CAS)

小型B-CASカード、11月以降導入へ

B-CASの見直しってカードサイズのことだったか、という笑い話で済まされればよいが、そもそもB-CASそのものがいらない(地上波の無料放送にスクランブルをかけているのは日本だけらしい)、独占禁止法に抵触する可能性がある、利権の巣窟だ、などと批判されていたはずだ。

しかもほとんどの人はこんなカードの存在を認識せずに、あるい知っていても様々な問題を含んでいることまでは知らずに、地デジ対応の機器を購入しているのが実情だろう。我が家の地デジ対応のJCOMのチューナーにもB-CASカードが挿入されているが、これがないとデジタル放送は見られません、というのでしかたなく「放置して」ある(笑)。なくてもすむなら、こんなコソ泥みたいに天下り利権組織を養うようなものは駆逐してしまうべきだ。公正取引委員会は何をやっているのか。

|

« 1000円均一に釣られて各々が大渋滞の原因となった休日ドライバー達 | トップページ | これも税金で作ったのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/44950166

この記事へのトラックバック一覧です: 地デジに巣くう滓(CAS):

« 1000円均一に釣られて各々が大渋滞の原因となった休日ドライバー達 | トップページ | これも税金で作ったのか? »