« 3人乗り子連れママチャリはやはり危険がつきまとう | トップページ | 地デジに巣くう滓(CAS) »

2009年5月 8日 (金曜日)

1000円均一に釣られて各々が大渋滞の原因となった休日ドライバー達

やっと1000円高速大渋滞GWが終わった。今更家族連れで遠出するような家族の年齢構成でもないし(^_^;)、金もないし(笑)、大渋滞に巻き込まれて疲れるのは嫌なので、車で遠出はしなかった。後半は雨だったし、なんかうだうだして終わってしまった。

交通量の増加が渋滞の一因であることは間違いないが(道路の交通容量の1割くらい増加すれば渋滞は発生するし、そもそも現在の高速道路の計画の前提となる料金抵抗は1000円均一という低い値を前提とはしていないはずである)、いわゆるサンデードライバーが大量に発生したことが大渋滞の主因だろう。彼(女)らは登り坂で減速しても気づかないでアクセル踏み込まないし、さしてスピードを出していない癖に3車線の区間で平気で第2レーンを走って渋滞の原因をつくる。トンネルの入り口から中でも減速して渋滞の原因となる。インター入り口の加速車線で加速できない初心者も少なくない。こいつらとできれば一緒に走りたくないのだ。

それにしても、1年前はガソリンの高騰で交通量が減っていたのにどうしたことだ。あの時の総理はガソリンの値段が安いのは地球温暖化の原因となって国際的に恥ずかしいなどと言っていた。その総理も今や前総理。今の総理は景気対策とやらでこの妙ちくりんな施策を実施した。言っていることとやっていることがバラバラである。

昨日のニュースでは業務用の大型車の運転者がインタビューに答えていたが、こちらは1000円の適用がなくて不公平だし、この渋滞のために普段なら1日で走れる区間を3日もかかってしまって大迷惑だと言っていた。物流が滞るということは経済停滞の一因である。船会社が打撃を受けていることは以前も記したが、どうやらJRの利用者数も減ったらしい。

同じニュースの中で、東北道の佐野SAでご当地ラーメンがとぶように売れて店長がホクホク顔だったが、別の農産物直販店は1割の売り上げ減だったという。

つまるところ、一部に1000円高速の恩恵を受けた業界はあるものの、トータルするとそれほど大きな経済効果はなかった、というのがオチだろう。ここいらはだれか経済学者あたりが定量的に分析してくれることを期待したい。

今年は9月にもう1回「大型連休」があるわけだが、また同じ騒ぎになるのだろうか。

|

« 3人乗り子連れママチャリはやはり危険がつきまとう | トップページ | 地デジに巣くう滓(CAS) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/44937184

この記事へのトラックバック一覧です: 1000円均一に釣られて各々が大渋滞の原因となった休日ドライバー達:

« 3人乗り子連れママチャリはやはり危険がつきまとう | トップページ | 地デジに巣くう滓(CAS) »