« 売れ残って当然の紙切れ | トップページ | 思考停止の事なかれ主義 »

2009年4月17日 (金曜日)

どこまで本当なの、この記事?

エコな暮らしを考える 水戸市で講演会ウェブ魚拓

またこの手の講演かよ、と見出しを見て思ったが、何と武田邦彦氏が講師だった。武田氏の言い分が全部正しいということはないが、「エコファシズム」に対決する姿勢を見せる学者を講師に呼んだことは評価してよい。

それにしても、この記事中の

講演会には、市民や会員ら計約130人が参加。浮力の原理などを用いて「温暖化で北極や南極の氷が溶けて海水面が上がることはない」と説明すると、驚いた様子をみせていた。
という箇所だが、武田氏は本当にこんなことを言ったのかなあ。ちょっと信じられない。恐らく産経の記者が馬鹿なのだと思う。

南極の氷床が大量に融解したら、海水面は上がるだろう。北極の氷は北極海に浮かんでいるが、南極の氷床は大陸上にあるから、アルキメデスの原理は通用しない。こんなことをいくら何でも武田氏か間違えると思えない。

それから、温暖化がストレートに南極の氷の融解につながるわけではない、という点もこの記事を書いた記者は知らないのだろう。

そして私が1番驚いたのは「驚いた様子をみせていた」聴衆の存在である。君たちは学校で何を勉強してきたのかと小一時間(ry この人たちに太陽活動の周期とか地球46億年の歴史の中での気候変動などのことを話したら、もっと驚いて腰を抜かすかもしれない。

|

« 売れ残って当然の紙切れ | トップページ | 思考停止の事なかれ主義 »

コメント

爆笑しました。
記事が正しいとしても130人の人
大丈夫でしょうか。あたま。

投稿: ろーりんぐそばっと | 2009年4月24日 (金曜日) 19時15分

>>ろーりんぐそばっとさん

もしかすると、温暖化で海水面が何メートルも上昇して都市が水没する、という話を本当に信じてしまうくらい洗脳されてしまったのかもしれません。

そうだとしても、それはそれで問題だなあ。

投稿: フロレスタン | 2009年4月24日 (金曜日) 21時27分

武田教授って、データ捏造で有名な人でしょう?
そっちを信じるほうが馬鹿だと思います。

投稿: あいこ | 2009年6月 7日 (日曜日) 18時58分

>>あいこさん

武田氏は全てのデータを捏造しているわけではありません。武田氏を盲信するのはどうかと思うけれど、全否定する必要もない。

言っていることが全て正しい科学者なんていません。

投稿: フロレスタン | 2009年6月14日 (日曜日) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/44697503

この記事へのトラックバック一覧です: どこまで本当なの、この記事?:

« 売れ残って当然の紙切れ | トップページ | 思考停止の事なかれ主義 »