« つまるところ劣等感の裏返しではないのか | トップページ | 新聞の役割 »

2009年4月 5日 (日曜日)

「領空侵犯」に断固とした措置を

北朝鮮がミサイル発射。外出していたら読売の号外を受け取った。

相変わらず夜盗もとい野党や市民団体という名の左翼団体は、おおもとの北朝鮮の行為を批判せずに、誤報も含めて政府の対応を批判しているが、どこの国のやつらなのかな。政党なんて、助成金支給打ち止めでいいのではないだろうか。特に社民党や共産党。

国際社会の避難を余所に勝手に人工衛星と称して物騒なものを打ち上げて、それが日本の上空を通過したのだから、これだけでも領空侵犯で宣戦布告して平壌空爆でいいと思うね。あ、拉致被害者が人質かあ、まずいな。

読売の号外を読んでいて問題だと思ったのは、北朝鮮のミサイル発射に関して、技術や部品の9割方が日本製で、第三国経由や万景峰号などで「密輸」されているとのこと。この記事の内容を信用すれば、総連をはじめとする在日朝鮮人の中にもスパイは当然いるのだろうが、日本人や日本企業の中にも設けられればよいと、こうした違法な貿易に手を染めている輩が存在するのだろう。証言も複数あって警察当局も操作に乗り出すらしい。

何も被害がなくてよかった、などと平和ボケ状態に浸るのではなく、この機会に北朝鮮との関係において、断固とした強硬措置をもって望むべきだと思う。東アジアの一角に旧ソ連の負の遺産とも言うべき「癌細胞」ないし「毒」「棘」が存在している。サッダーム・フサインが殺されて、影武者かもしれないが金正日がのうのうと生き延びているのは異常である。

(追記)
なんと中華人民共和国の海軍幹部が「日本の領空に飛来した場合、日本には打ち落とす権利がある」と発言したようだ。
北朝鮮「衛星なら“歌”聞かせてほしい」—中国軍少将ウェブ魚拓

それと津川雅彦氏のブログの記事 北朝鮮のテポドンが発射され、日本海と太平洋に落下したとのこと

|

« つまるところ劣等感の裏返しではないのか | トップページ | 新聞の役割 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/44573873

この記事へのトラックバック一覧です: 「領空侵犯」に断固とした措置を:

» 北朝鮮の「自称人工衛星」 日本上空を通過 [つらつら日暮らし]
北朝鮮の「自称ロケット」が発射され、日本上空を通過していきました。 [続きを読む]

受信: 2009年4月 5日 (日曜日) 17時13分

» 北朝鮮「飛翔体」発射、日本領土に被害なし! [だんなの馬房]
北朝鮮、一発やらかしましたね! 北朝鮮が飛翔体発射、日本国内に被害なく迎撃システム作動させず(トムソンロイター) - goo ニュース 政府は5日午前11時33分、北朝鮮が咸鏡北道舞水端里のミサイル基地から、 「人工衛星」として準備していた長距離弾道ミサイルを発射した模様だと発表しました。 幸いにして、我が国の国土に人的物的被害は出ることはありませんでした。 ミサイルからの落下物は37分ごろ、秋田の西約280キロの日本海上に1個が落下、 もう一つが43分ごろに本州東方沖約1270キロの太平洋上... [続きを読む]

受信: 2009年4月 5日 (日曜日) 19時13分

« つまるところ劣等感の裏返しではないのか | トップページ | 新聞の役割 »