« 積算費用に2倍も開きがあるしょうもない公共事業 | トップページ | 軽いジョークです(笑) »

2009年4月24日 (金曜日)

杓子定規もいい加減にしたらどうなのかな

池田信夫ブログのコメント欄にて見つけた河北新報のニュース。

「射的ダメ」千秋公園の桜まつり会場 秋田県警 (ウェブ魚拓)

都市計画法は第1条の目的に「都市計画の内容及びその決定手続、都市計画制限、都市計画事業その他都市計画に関し必要な事項を定めることにより、都市の健全な発展と秩序ある整備を図り、もつて国土の均衡ある発展と公共の福祉の増進に寄与することを目的とする」とあるのだが、そこには当然住民の安寧、幸福がなければならない。法律というのは遵守することは必要だが、それ自体が自己目的になっては角を矯めて牛を殺すようなものである。

ところがこの秋田県警の対応はまさにそれだ。
千秋公園とその周辺を見ると、学校などの文教施設の他に病院、図書館、美術館、中層集合住宅と思われる県職員公舎や民間の集合住宅、警察、JA、政策金融公庫、ホテルなどが立地しており、千秋公園が第一種低層住居専用地域である必然性が全くない。

秋田市のウェブサイトに千秋公園周辺の都市計画図があった。Akita

案の定、公園だけが第一種低層住居専用地域(建坪率30%・容積率50%)、しかも隣接する城趾風致地区は第一種住居地域というチグハグさであり、商業業務施設の立地している地区は商業地域である。おい、第一種低層住居専用地域と商業地域が隣接していていいのか?だいたい都市計画公園が定められているのだったら、敢えて第一種低層住居専用地域を指定する必要もないだろう。秋田市や秋田県の見栄か、これは?

おまけによく見ると、第一種低層住居専用地域の区域に県民会館と秋田和洋女子高が立地している。用途や建坪率・容積率から見てこれはいわゆる既存不適格建物だろうが、だったら祭りの射的も既存不適格扱いしたらどうだ(笑)?

毎年恒例行事でお祭りをやっていて、露店の射的も毎年実施されてきたなら、今更鬼の首でも取ったように原則論を振りかざすのは大人げない。本来ならば用途地域を変更することが望ましいのだろうが、祭りの時の臨時の風俗営業を例外的に認めるような「地区計画」(多分実例はないだろうし、制度が想定しているかどうか不明だが)でも住民提案で定めたらどうだろうか。

(追記)
秋田県警の対応を杓子定規と批判したが、こんな都市計画を定めた都市計画当局(決定権者の秋田県知事と実質的な策定者である秋田市)がもっとも批判されるべきである。

静岡市の都市計画情報インターネット提供サービスで駿府公園の地域地区を調べてみた。
静岡駅周辺の商業地域に指定された中心市街地に隣接し、住居系の7種類の用途地域の中では準住居地域に次いで規制の緩い第二種住居地域が指定されており、併せて準防火地域と第二種風致地区が指定されている。こういうのがまともな都市計画の指定である。

|

« 積算費用に2倍も開きがあるしょうもない公共事業 | トップページ | 軽いジョークです(笑) »

コメント

池田信夫ブログコメント欄にてご連絡、ありがとうございます。拝読させて頂きました。
社会的影響は皆無のニュースですが最近はこの手のニュースに聞き流せない寒々しさを覚えます。杓子定規が加速する流れをもう止められないのだろうという気もし、現況への批判すら無意味になりつつあると感じもし、であればその後の事を考えなくてはいけないと最近は考える様にしています。

投稿: mochib | 2009年4月25日 (土曜日) 16時31分

>>mochibさん

わざわざコメントいただきありがとうございます。

小生の調べた駿府公園の事例でも分かるように、間違った都市計画の指定を変更すればよいだけです。地元住民にそこまでの意志があるかどうか。

長年親しまれて何の問題もない祭りの行事が、たかだか用途地域指定ごときで中止に追い込まれるのでは本末転倒です。そこまで寒々しい世の中になってしまったのでしょうか。

秋田県立大学(所在は秋田市でなく由利本荘市ですが)に小生の友人の都市計画専攻の先生がいます。彼は住民参加にも造詣が深いので、意見を求めてみましょうか。

ぜっぴさん、これ見てる?(^_^;)

投稿: フロレスタン | 2009年4月25日 (土曜日) 18時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/44770293

この記事へのトラックバック一覧です: 杓子定規もいい加減にしたらどうなのかな:

« 積算費用に2倍も開きがあるしょうもない公共事業 | トップページ | 軽いジョークです(笑) »