« J開幕。もう17年目になるのか | トップページ | 東京中央郵便局舎は生きた朱鷺なのか? »

2009年3月 8日 (日曜日)

WBCの奇怪な対戦組み合わせ

WBCは本当の国際大会ではない、という趣旨の批判があるが、第三国の審判がつかないなど批判は当たっていると思う。まあ所詮はアメリカ主導の1ビジネスモデルと思えばそんなものだろうと受け入れざるを得ないし、代表選手も本気モードで参加している以上頑張ってもらいたいものである。

それにしても、この組み合わせはないよな。
http://www.npb.or.jp/wbc/

第2ラウンドのPool 1、Pool 2がそれぞれ第1ラウンドのPool AとBの1・2位、Pool CとDの1・2位となっているが、Pool A〜Dからの勝ち上がりを「たすき掛け」にすべきだろう。

|

« J開幕。もう17年目になるのか | トップページ | 東京中央郵便局舎は生きた朱鷺なのか? »

コメント

はじめまして。
確かに変な組み合わせですね。
韓国との試合が2次リーグでも続くと思うと少し食傷気味です!!
もっと他の1次リーグと対戦できるようにしたほうが面白いのに、誰がみても不可思議なこの組み合わせの背景は何なんでしょうか?

投稿: アブサン | 2009年3月 9日 (月曜日) 22時04分

>>アブサンさん

コメントありがとうございます。
本当に不可解な組み合わせです。理由は「事務局」でも直接問い合わせしないとわからないのでしょうね。アメリカあたりの思惑が絡んでいるのかもしれません。

サッカーのW杯だけでなく、オリンピックの団体競技などでもこのような組み合わせは見たことがありません。

メディアだけが「永遠のライバル」「宿命の対決」などと囃し立てていますが、おっしゃるように韓国戦ばかりでは飽きてしまいます。できるならば、いろいろな国との対戦が見てみたいものです。

投稿: フロレスタン | 2009年3月 9日 (月曜日) 23時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/44280868

この記事へのトラックバック一覧です: WBCの奇怪な対戦組み合わせ:

« J開幕。もう17年目になるのか | トップページ | 東京中央郵便局舎は生きた朱鷺なのか? »