« WBCの奇怪な対戦組み合わせ | トップページ | お遊びにしても悪い冗談 »

2009年3月10日 (火曜日)

東京中央郵便局舎は生きた朱鷺なのか?

この手の「歴史的建造物」の保全が話題にのぼるのは珍しいことではないが、ものがものだけに政治問題化というか利権化してしまっている、というのが実情だろう。自民党の政治家が歴史的建造物保全を言い出すようになったのも時代の変化かもしれないが、正直胡散臭さを感じする。

この建物に価値を見いだし、純粋な気持ちで保全運動をしている建築家や愛好者の人たちには敬意を表するが、その動きはもはや政治的に利用されている。悲しいことである。

保全論者達は全面保全=重要文化財指定でなければその文化的価値は守れない、という。そのとおりだろう。しかし現実には、既に動き始めてしまった建替え事業の中で、しゃしゃり出てきた文化庁の顔も立てて保存部分拡大(現計画では2割保存)によって登録文化財として存続する、という日本的妥協の産物になりそうである。これには保全論者達も納得できないだろうが、政治的に利用されている、というのはそういうことである。そして恐らく自民党をはじめとする「本音では郵政民営反対」の守旧派達が息を吹き返すかもしれない。私は郵政民営化が全て善であるなどというつもりはなく、その評価はまだできないと考えているが、しかしこのことに代表されるような構造改革が実現しないと、旧態依然とした利権構造が残りこの国の将来はないと思っているので、このような動きは正直苦々しく思う。

さて、東京中央郵便局舎である。
既に築後70年以上を経過し、外壁は剥がれ落ちつつあるという。耐震性能はどうなのか。当然現建築基準法に照らせば補強が必要だろう。姉歯事件であれだけ「耐震偽装」と騒いだメディアをはじめとする連中はこのことをどう思うのか。

首都の顔というなら、国と東京都で共同保有し、修復や維持に必要な費用を全て税金や寄付でまかなうことが可能であるならば、私は全面保全に賛同する。しかし、どう見ても経済的なピークを過ぎて長期的衰退が見え始めたこの国にそんな余力があるとは思えない。
(※別エントリーで言及した高崎哲学堂=旧井上房一郎邸は、高崎市議会で買取予算が認められ、無事に所有権が市に移転した。)

東京駅丸の内口は街区(ないし大街区)としてみれば、西欧的な都市景観を絶対視する観点からは既に悲惨な状況である。しかしあのような超高層化による建替えが賑わいをつくり出していることも事実であり、現行の都市計画法・建築基準法下で商業地域という用途地域指定をしている以上、避けて通れないことである。首都の顔というのであれば、丸の内全部はともかく、東京中央郵便局、丸ビル、新丸ビル、旧国鉄本社くらいは保全すべきだったのだ。三菱地所にはあまった分の容積率にボーナスつけて、その他の街区で儲けさせればよかっただろう。

鳩山総務大臣は、今回の日本郵政の建替え計画をして朱鷺を焼いて焼き鳥にするようなものだと言い、その台詞が一部には言い得て妙だと受けているようだが、今更超高層化・建物の陳腐化が進んだ街区の中で一棟の建物だけ保存しても、死んだ朱鷺を剥製にして展示するようなものだろう。

それとも「鳩山財閥」で一切の費用をもってくれるのだろうか。

(追記)
わはは、やはり剥製だった(笑)。
保存部分拡大を提案=東京中央局を文化財登録へ-日本郵政ウェブ魚拓はこちら

結局全面保存を求めた運動は結果を得られず、政治的妥協の産物が残った。こんな「登録有形文化財」に一体何の価値があるというのだろうか。

鳩山氏は頭がいいことは認めるが、今頃こんなことを言い出すとは長期的展望や一貫した思想の欠落した政治家の1人に過ぎないのではないか。本当にこの建物に歴史的価値を見いだすのであれば、泥縄的に超党派の勉強会などを開くのではなく、郵政民営化の時にこの建物の所有権を日本郵便から分離すべきだったのだ。

ついでに書いておくと、あの建物の建替え・高層化については、詳細はともかく、デベロッパーに勤務する大学同期の友人の1人がこのプロジェクトに関わるという話を耳にした時、東京駅丸の内口は国策として東京駅舎を除く街区全体を超高層のオフィス街にするのだな、と淡々と受け止めた。前回の総選挙で自民党に投票した人は、東京中央郵便局舎の保全を主張する資格はない。あの建物を何が何でも残すべきだとは思わないが、私もその1人である。

|

« WBCの奇怪な対戦組み合わせ | トップページ | お遊びにしても悪い冗談 »

コメント

>正直胡散臭さを感じする。
仰るとおりですね。最近トーン・ダウンしてますね。
友人の友人はアルカイダ大臣、少しはしゃぎ過ぎでしょう。郵政民営化反対なのですね。

投稿: 閑話ノート | 2009年3月12日 (木曜日) 00時25分

>>閑話ノートさん

今度は矛先がメルパルクに向かっているようです。これは友人の友人がアルカイーダどころか、鳩山大臣ご本人がアルカイーダ並みの破壊力で突っ走っているように見えます。

投稿: フロレスタン | 2009年3月12日 (木曜日) 01時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/44301567

この記事へのトラックバック一覧です: 東京中央郵便局舎は生きた朱鷺なのか?:

« WBCの奇怪な対戦組み合わせ | トップページ | お遊びにしても悪い冗談 »