« 何を今更 | トップページ | 薄い存在感(笑) »

2009年3月29日 (日曜日)

長野県の莫迦さ加減はリニアだけで発揮されたのではなかった

北陸新幹線に「長野」の名を残して 地元要望ウェブ魚拓

こんなニュースがあったんだな。月内に気がついて「よかった」(笑)。
地元といっても、経済団体じゃないか。地域エゴむき出しだな。

これと対等にしようと思ったら、線路戸籍上の起終点ベースで次のようになる。

東北新幹線 → 東京埼玉栃木東北でも山形秋田は含まない新幹線(大笑)
上越新幹線 → 埼玉上越新幹線(笑)
東海道新幹線 → 東海道中山道大阪新幹線(※)
山陽新幹線 → 山陽福岡新幹線
北海道新幹線(開業したら) → 青森北海道新幹線

あと、その「長野北陸新幹線」も「群馬長野北陸新幹線」にしてくれよな。起点は群馬県高崎市だぜ。
私の知っている限り、群馬県は県内を通過している信越本線(今は碓氷峠で分断されているが)を上信越本線にしてくれ、と要望したことはないはずだ。北陸本線の起終点は新潟県上越市と滋賀県米原市で、北陸三県ではないが、この両県も文句を言ったことはないはずだ。

北陸新幹線沿線の長野県として知名度を上げる努力を何故自分でしようとせず、JRという第三者に噛みついて他力本願になるのか、私の中にもわずかだが長野の血が流れている(高祖父まで信州在住)ので情けなく思う。

(追記)
金沢開業後も(東北新幹線に仙台止まりがあるように)東京・長野間の区間運転列車は存続するだろう。その名称が今と同じ「あさま」であればそれで十分ではないか。

(※)岐阜→京都は中山道ルートであり、京都大阪間は五街道の東海道には含まれない。逆に古代の東海道に基づけば常磐線の一部も東海道線になってしまう。

|

« 何を今更 | トップページ | 薄い存在感(笑) »

コメント

おはようございます。
フロレスタンさんよくぞこのニュース見つけましたね。長野の名を残せとは、まったくふざけた言い掛かりです。
こんなこと言うのは、多分北信の連中でしょう。私の住む南信地方はどうでもいい話しでこんな下らないこと聞いたことありません。
う~む。私も長野県民、お恥ずかしい限りです。(笑)

投稿: 閑話ノート | 2009年3月30日 (月曜日) 08時28分

故郷を離れて幾久しいとは言え、私も長野県民。この間のリニアの件といい、今回の件といい、誠に情けない話ですね。
面目ない。
実は私は中信地区の出なのですが、長野県は北信・東信・南信・中信それぞれの連帯感は希薄です。
閑話ノートさんが言われているように、恐らく地元だけが騒いでいるのでしょうが恥ずかしい。

投稿: アブサン | 2009年3月30日 (月曜日) 10時45分

>>アブサンさん、閑話ノートさん

コメントありがとうございます。
新幹線がらみの情報収集に時々ネット検索をしているのですが(^_^;)、その過程で見つけました。

長野県の地域区分のことは存じています。おっしゃるとおり、北信以外の人たちはどうでもいいと思っているでしょう。リニアのルート問題も南進以外の人はどうでもいいと(笑)。

こういう「つまらないこと」で騒ぐのは、まるでモンスター○○と同じような印象を受けます。

東北線の黒磯以南を宇都宮線という愛称にしてくれ、といって実現した栃木県も、さすがに東北新幹線を栃木東北新幹線にしろ、とは言いません。

長野新幹線がらみで見つけたあるブログでは、特定の時間帯のあさまの高崎、熊谷停車にクレームをつけていましたが、コメントもそれに同調する長野県人とおぼしき人たちのもので埋め尽くされていました。

確かに高崎や熊谷に停車するのは限られた輸送力の中で止めて欲しいという北信・東信の人たちの気持ちはわかりますし、できるだけそうすべきだと思いますが、言い分が自分勝手でした。

「上越新幹線」があるのだから長野新幹線は高崎・熊谷通過でよい」と。新潟の人が同じ理屈を言い出したら、停まる列車がなくなります(笑)。

「何の取り柄もない高崎に停めるなんて」「軽井沢の方が格が上」「高崎からの乗客は品が悪い」といった書き込みもありました。高崎出身者として感情的に反発するなら、じゃあ長野に何か取り柄があるのか、と(^_^;)。高崎から(安中榛名通過の)上りあさまに乗ったことがありますが、長野からの乗客の中にも品の悪いのが何人もいました。軽井沢の「格」については否定しませんが、所詮通年で見れば利用者数はたかがしれている。

JRも姑息な言い訳をしないで、高崎、熊谷に停めないと売り上げに響く、と言えばよいのです。もっとも先日のダイヤ改正で、夕方の下りのあさま1本が熊谷通過になりました(代わりにときが停車)。

あさまが8両編成と輸送力が小さいのも問題でしょう。設備は12両対応なのだから、12両編成にするとか、連結器を搭載して時間帯によって高崎停車のあさまは上越新幹線区間を16両編成で走らせる、というのもあるのではないかと思います。大宮以南をなんとかしないでこのまま金沢・新函館開業となったら路線名称がどうのこうのという低次元ではなく、混乱を引き起こすダイヤを組まざるを得なくなるのではないかと思います。

投稿: フロレスタン | 2009年3月30日 (月曜日) 11時54分

おはようございます。
昨日は、バタバタ帰ってしまい大変失礼しました。また、少々左耳が聞こえにくいので失礼があったかと気になります。ご容赦下さい。大変楽しい時間を過ごすことができたこと感謝しております。ありがとうございました。この場をお借りして、感謝、お礼申し上げます。

投稿: わら | 2009年3月31日 (火曜日) 06時20分

>>わらさん

こらちこそ、楽しいひとときでした。また機会がありましたらご一緒しましょう。

(記事と直接関係ないやりとりにて、読者の皆様には失礼しました)

投稿: フロレスタン | 2009年3月31日 (火曜日) 20時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/44506839

この記事へのトラックバック一覧です: 長野県の莫迦さ加減はリニアだけで発揮されたのではなかった:

« 何を今更 | トップページ | 薄い存在感(笑) »