« 珍訳発見 | トップページ | Internet Explorer 6には退場してもらおう »

2009年3月24日 (火曜日)

野球が勝つかヤグ(야구)が勝つか

16ヶ国参加しているのに、対戦したのはシナが一回、キューバが二回、アメリカが一回、そして韓国が四回。こんな国際大会も珍しい。野球発祥の国アメリカを破って決勝進出は喜ばしい(団塊世代に属する俺様監督だった星野よりも同世代の原が成果を出したのも嬉しいことである)が、そのアメリカは怪我人が多くて本調子には見えなかった。そして決勝は五回目の韓国戦。決勝でなければ飽きて見る気がしないところだよ、全く。

そして「重根」なんて名前の投手に三回もやられたらいかん。
もしも決勝でこいつにねじ伏せられたら、こいつは同じ名前のもう1人の重根とともに、彼の国で愛国の英雄になってしまう。選手だけでなくスタッフの能力も問われる状況だ。「重根」なので「接線」(接戦)になるかもしれないが(笑)、是非最後の試合で外野スタンドまできれいな放物線を描いてくれ。

なお、福留のことを散々に書いてきたが、準決勝では活躍していた。メジャーリーガーなんだから当然といえば当然だが、決勝でこいつとイチローがブレーキにならないことを切に願う。

(追記)
急ぎの仕事がなかったので、途中まで終了まで家でテレビ観戦。その後は仕事場で携帯のワンセグで進行を確認していた。
最後はヒヤヒヤしたけれど、優勝できて何より。代表チームの皆さんにはおめでとうとお疲れさん、と心から言いたい。ダルは独り相撲で危なかった。韓国相手に延長戦で最後にイチローが決勝点を挙げて勝利というのは象徴的だ。

それでも最後まで両方とも凡ミスがなく、外野のファインプレーもいくつもあり、拮抗した試合で最後を飾るにふさわしい試合だったと思う。韓国の選手は皆、基本ができていて自信を持ってプレーしていた。特に秋信守はメジャーリーガーだけあってパワーとテクニックのバランスの取れたよい選手だ。多分、今回の参加16チームの中では日韓が1番レベルが高かったと言えるだろう。野球の歴史の長い分だけ、日本に一日の長があったのかもね。

それにしても星野を監督にしなくてやはり正解だった。俺が俺がというところがなく、我慢するところは我慢し、思い切って動く時は動き、「自分の教え子」を特別扱いしないなど、代表チームの指揮官としての能力は原の方がずっと上だろう。

|

« 珍訳発見 | トップページ | Internet Explorer 6には退場してもらおう »

コメント

原監督はセ・リーグですが、今回のWBCはメジャー・リーガーはともかくとして、パ・リーグの選手を重用しましたね。もちろんパ・リーグの選手が実力、コンディションとも上だったとは思いますが・・・。
中島、片岡など西武の選手も大活躍でした。昨年原巨人が西武に負けたのが分かったでしょう。(笑)

投稿: 閑話ノート | 2009年3月25日 (水曜日) 18時28分

>>閑話ノートさん

確かに、先発三本柱はパ・リーグまたは元パ・リーグ。それ以外も投手はパが出番多し。捕手も城島はパ出身ですし、イチローもパ出身。中島、片岡の打撃や走塁も見事。

セ・リーグでは青木、内川と村田ですかね、活躍が目立ったのは。岩村も元ヤクルトですし、セのBクラスの選手が活躍しているのも面白い傾向だと思います。

原監督は、選手のコンディションを重視していたみたいですから、こういうことになったのでしょう。これがペナントレースにどう影響するか、開幕が楽しみです(^_^)。

投稿: フロレスタン | 2009年3月25日 (水曜日) 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/44449122

この記事へのトラックバック一覧です: 野球が勝つかヤグ(야구)が勝つか:

» 〈WBC・侍ジャパン〉アメリカを破った日本が決勝進出へ [つらつら日暮らし]
WBC・侍ジャパン、日本はアメリカを9対4で破り、決勝進出を決めました!! [続きを読む]

受信: 2009年3月24日 (火曜日) 07時10分

« 珍訳発見 | トップページ | Internet Explorer 6には退場してもらおう »