« 野球が勝つかヤグ(야구)が勝つか | トップページ | いつになったらゴールに愛されるのか »

2009年3月24日 (火曜日)

Internet Explorer 6には退場してもらおう

(お断り:この記事は2009年3月24日に記述したものですが、当ブログへのアクセスに占めるInternet Explorer 6のシェアが目に見えて低下 =現状で3割程度から消費税以下くらいまで=するまで1番最初に掲載されるように設定します。どうか早めにIE8またはIE以外のブラウザに切り替えて下さるようお願いします。)

MicrosoftのInternet Explorer 6(以下、IE6)はウェブ標準をサポートせず、機能的にもセキュリティ面からも時代遅れのブラウザである。欧米ではIE全体のシェアも低下しているが、IE6は急速に使われなくなっているらしい。

しかし、Windows XPのシェアが大きいためか、ユーザーの意識の問題なのか、あるいはその他の理由がなにかあるのか定かでないが、日本では相変わらずIE6のシェアが高い。最新のIE8のダウンロードが始まった20日以降、あろうことかIE6のシェアが高まっているという。

弱小な当ブログだが、アクセス統計を見てみると何と3割程度のアクセスがIE6でなされている。全体としては2割程度らしいので、これはやや大きい数値である。Windows XPの比率はだいたい2/3前後であり、IE7やFirefox3への移行はある程度進んでいるが、どうもIE6に関しては3割程度のシェアで動きが止まっているようだ。IE7もウェブ標準は完全にサポートしてはいない。

これは望ましいことではない。欧米ではIE6を駆逐しようという運動もあるくらいだ。
レンダリング速度の遅さ、セキュリティレベルの低さなどから、ユーザーにも不利益だが、開発者側からみるとIE6に合わせるためにやらずもがなの作業を強いられるという面がある。

どうしてもIEという人は、ようやくウェブ標準に対応したというIE8に切り替えよう。ただしM$のことだから初期のバージョンはバグが多いかもしれない(^_^;)。
IEへの拘りのない方は、Firefox3に切り替えよう。

参考記事 大幅に改善されたIE8——しかしライバルたちはすでに一歩先へ

|

« 野球が勝つかヤグ(야구)が勝つか | トップページ | いつになったらゴールに愛されるのか »