« 口先だけの「100年に一度の危機」 | トップページ | 科学力検定応用編 »

2009年2月 3日 (火曜日)

甘ったれるんじゃねえ!

「公共交通機関は使いにくい」と感じるママが7割、“電子レンジのある授乳室”も登場し、外出先の子育て環境に格差 (ウェブ魚拓はこちら)

調査対象が本当に適切なのか、ということをチェックする必要があることは、社会調査では常に必要である。この調査は「子育て中のママ100人(20代:23人、30代:69人、40代:8人)の聞き取り調査」だという。聞き取り調査なので100人というサンプル数はまずまずかもしれないが、下手をすると数人のお仲間がまとめて対象なっている可能性もあり、そうなると結果に特定の価値観が影響しやすくなることも考えられる。それから30代が約7割だ。団塊ジュニアだろ。こいつらに問題が多いような気がするなあ。だいたい記事のくせに報道する側が「ママ」なんて言葉遣いをしているのが気に入らない(ここまでくると、我ながらほとんど八つ当たりだけれどな(笑))。ちなみにこいつらのうち、何人が電車の中で化粧をするのか尋ねてみたいものである。

もう一つ、聞き手が結果ありきで誘導的な質問をしているのではないか、という問題点が指摘できる。この手の調査の場合、「子育て中の母親に世の中は冷たい」という結論が最初にありがちなので、その可能性は大いにあると思う。

私は、2人の子供を育てるのに、妻まかせでなく、そこそこに役割を果たした自負がある。彼らが乳幼児だったのは1980年代後半から90年代前半だった。当然今よりも子育て世帯に対する公共空間の「配慮」はなされていなかった。それでもあまり不満を感じたことはなかった。幸い、自動車で移動することができた、ということも原因の一つだと考えられるが、常に自動車で外出していたわけではなかった。

古くさいと言われるかもしれないが、公徳心が欠落している母親(父親も)が少なからずいるのではなかろうか。少子化などと言われて、小さな子供を育てていること対して社会が自分たちに何かしてくれて当然と思っているのかもしれない。

たいして広くもない(幅員6m程度)「歩行者天国」になっている道路をベビーカーを押して3列で歩いているバカ母どもがいた。夫に子供を抱かせてベビーカーを「荷車」にして電車に乗ってくる奴らもいる。子供をベビーカーに乗せたまま、明後日の方を向いて携帯に夢中になっている母親も少なからずいる。

相対的に少数だがきちんとした母親も当然いる。そこが僅かな救いである。

こう言っては何だが、子供が小さいのに、そうでない世帯と同様に外出して、同じような行動をしようということ自体が本来は憚られて然るべきだと思うのだ。周囲にできるだけ迷惑をかけないように振る舞い、かつ子供の安全はまず自分で守る、というのが基本であるべきなのだ。もちろん、状況によって周囲が手をさしのべたりして助けてあげる必要がある。だが、そうしてあげようと思わせる少数の母親と、こんな奴助けてやるものかと思わせる傍若無人な母親が多数なのだ。

乳幼児だが、まずはだっこやおんぶが基本ではないのかな。その上でベビーカーの使用を全否定はしないが、状況によっては折りたたむべき時もあるはずだ。そういうことをしないで、周囲の目が邪魔だというのはいささか自己中心的であると思う。

ああしろ、こうしろと要求するのではなく、周囲の人たちが助けてあげようと思わせるような自然な振る舞いをしてくれよ、というのは無い物ねだりなのだろうな。

公共の空間はあくまで公共の空間であり、子育て世帯といえども自ずと行動に制約があって然るべきである。どうも都市に私的空間を増やせという欲求が、無意識のうちに、あるいはメディアや一部学者などの扇動で増えているのではないかと思うのである。

「誰もがどこでも動きやすい街づくり」そして「子育てを社会全体が受け入れる意識づくり」と言えば言葉は美しい。傍若無人なベビーカーや電動車椅子も動きやすく、通常の歩行者も歩きやすい、ということになると幅広の歩行者空間が必要となるが、そうなると今度はそこに放置自転車が溢れかえることになる。こういう我が儘な母親ども、ヘビーカーの次は3人乗りの自転車のユーザーになるのだよなあ(笑)。

誰もがどこでも動きやすい街、なんてのは施設整備などの物的な施策だけでは不可能だ。

誰もがどこでも少しだけ動きにくさを我慢する街でなければならない。

我慢の程度が一様ではなく、時と場合によって、あるいは人によって異なる、ということは言うまでもない。小さな子供を連れている母親の我慢の程度は相対的に少なくてすむようにしなければならないのは当然だ。

|

« 口先だけの「100年に一度の危機」 | トップページ | 科学力検定応用編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/43942970

この記事へのトラックバック一覧です: 甘ったれるんじゃねえ!:

« 口先だけの「100年に一度の危機」 | トップページ | 科学力検定応用編 »