« 自分たちの世界に引きこもるテレビ関係者 | トップページ | この記事の文章では誤解を招く »

2009年1月28日 (水曜日)

それだけでいいの?

酒気帯び運転(呼気1リットル中アルコール0.25ml以上)で罰点13、免許停止だったのが、政令の改正で25点に引き上げられ、一発で免許取り消しになるという。

厳罰化は一部の酔っぱらいには効果があるだろう。
見つからなければいいな、とついつい飲んでしまうような連中だ。そして、酔っぱらい運転の事故の被害者やその遺族はこれを歓迎しているようだ。

しかし、これだけではダメだろう。
アルコール依存症のドライバー(本来、診断が下った時点で即免許を取り上げるべきだ)をはじめ、「酔っぱらい運転の常習者」には恐らく効果がない。免許取り消しになったところで、無免許状態のまま運転するのは間違いない。現に、既に免停や取り消しで運転した連中の中には、そのことが発覚するのを恐れてひき逃げしているのがいる。そもそも、こういう奴らは「自分だけは大丈夫」という全く根拠のない自信をもっている。

結局のところ、物理的に対処するしかないのだ。アルコールインターロックのような飲酒運転防止装置の設置を義務づけるしかない。物理的な対策はよくない、人や社会の問題だ、とすぐに感情に訴える人がいるが、ひき逃げ事故を増加させるだけ、という現実から目をそらして表面的な正義感を振りかざしたいだけなのだ。

問題は、今の日本ではこれが警察や国土交通省の利権につながる可能性が大きいことだろう。
一律に義務化すると、利権化した高額の「警察庁指定」とか「国土交通大臣認可」の装置を買わされることである。ただでさえ自動車が売れなくなっているのに、これではまたまた官製不況の原因となる。
これについての妙案はとりあえずないなあ(^_^;)。物理的な利権防止装置はつくれないものな。

|

« 自分たちの世界に引きこもるテレビ関係者 | トップページ | この記事の文章では誤解を招く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/43880625

この記事へのトラックバック一覧です: それだけでいいの?:

» ◆「酒気帯び」でも一発取り消し/道交法改正案を閣議決定 [てらまち・ねっと]
 昨日の新聞記事、「政府は27日、飲酒運転など悪質運転への行政処分を厳格化することを閣議決定、今年6月1日から施行」とされた。  「酒気帯び運転のうち、過去に違反歴がなくても一発で免許取り消しになる」  酒を飲んで運転する人がいる以上、仕方ないのかな。  ともかく、飲酒運転にまつわる事件、その報道記事は、後をたたない。  私は、車の場合は、必ず、代行運転を頼む。  今は、タクシーよりも安く、車も人も運んでくれる。  繁華街では、駐車場も兼ねて先に預かってくれるところもある。  特に、公職につい... [続きを読む]

受信: 2009年2月 8日 (日曜日) 04時50分

« 自分たちの世界に引きこもるテレビ関係者 | トップページ | この記事の文章では誤解を招く »