« それだけでいいの? | トップページ | またくだらない調査で税金を無駄遣いする厚生労働省 »

2009年1月30日 (金曜日)

この記事の文章では誤解を招く

高崎哲学堂:市に建物、土地を売却へ 所有財団、維持困難に (ウェブ魚拓はこちら)
現地の写真付きの読売新聞の記事はこちら。
高崎哲学堂」市に売却へ (ウェブ魚拓はこちら)

ローカルニュースだが、若干関わりのあった者として、コメントを残しておくことにする。関係者の方がもしもご覧になって、事実誤認などがあればご指摘いただきたい。毎日新聞記事の文章が問題だらけなのは、これに限ったことではないのだが…

まず「高崎哲学堂」(旧井上邸)の場所はここである。高崎駅西口から徒歩数分という好立地である。そもそも、この建物の建築主であった井上房一郎氏は、昨年秋に破綻した井上工業というゼネコンの経営者であり、高崎でも屈指の芸術文化人でもあった。小生が高校時代、校庭のバラ園の手入れによく見えていたのを記憶している。「ここに泉あり」の群馬交響楽団とも関わりが深く(前身の高崎市民オーケストラを設立)、亡命したブルーノ・タウトをかつて庇護したことでも知られている。

ところが、「3代目」の放蕩息子(創業者・保三郎氏の曾孫、房一郎氏の孫)がこの土地・建物を手放す原因を作った。会社の破綻もそこに遠因(いや、主因か?)がある。このあたりは「井上健太郎 井上工業」で検索するといろいろと出てくるのである。

まあ、それはいい。
かくして井上邸は競売にかけられることになった。2002年のことである。
前述のような立地条件から、ディベロッパーに買い取られ、何の変哲もない高層マンションになる危険性があった。そうなったらなったで、経済原理からはいたしかたない面もあったわけだが、地元の有志はそれではいかんと立ち上がった。財団法人高崎哲学堂(当時の名称は「高崎哲学堂設立の会」)は、購入資金の一部に充当するために基金の一部を取り崩した。私が過去に支払った会費の一部もそこにはあった(笑)。また、当時私は都市計画の専門家という立場から、高崎市民新聞にいささか過激な文章を投稿した。もちろん旧井上邸の保全の重要性を訴える文章である。井上房一郎とアントニン・レーモンドが高崎に残した足跡を考えれば、あれは絶対に保全しなくてはならないのだ。東京在住の小生にはほとんど伝わってこなかったが、地元では「あそこまで書くんかい」という当惑気味の反応がけっこうあったらしい(後で知り合いの元市幹部の方から酒席で聞いた)。

さて、今回の毎日変態新聞の記事である。

購入に際して市民から1億2000万円の寄付が集まったが、2億1000万円は金融機関からの融資を受けた。この返済が重くのしかかり、施設の維持が難しくなったため、市に売却を要望していた。土地の実勢価格などから売買価格は2億円程度になると見込まれる。

 同財団の熊倉浩靖常務理事は「市民の寄付だけでは持ちこたえられなくなった。より多くの市民の共有財産にしてほしいと思い、市に購入をお願いした」と話している。

 市は「哲学堂は高崎の文化、建築の両面で価値がある。隣接する市美術館とあわせた活用を考えていきたい」としている。【増田勝彦】

毎日新聞 2009年1月29日 地方版

あのな、増田記者。こういう書き方をすると、いかにも財団が無謀なことをやった、あるいは放漫経営でどうにもならなくなった、と事情を知らない人が見たら勘違いするだろう。

本来は2002年の競売の時点で、高崎市が取得すべきだったのである。私の「過激な文章」も、さりげなくそのことを唆していた(ように記憶している(^_^;))。関東財務局との関係など、当時の諸事情からそれがかなわなかったので、公益法人である財団法人高崎哲学堂設立の会が肩代わりをするような形になったのだ。公式にそういうことになっていないのかもしれないが、実質はそうなのだ。ようやく市が前面に出る時がやって来たのである。

2億円が高いって?高崎市の人口は約34万人である。割り算すれば1人あたり590円ほど。定額給付金の一部を寄付すればお釣りが来るじゃないか(笑)。私のように市外にいる高崎出身者も参加すれば、もっと安く済む。もともとの財源は国庫だから、結局は将来の増税で埋め合わせるわけだけれど(^_^;)。

市が取得後の利用法については、お役所仕事にならないよう、いろいろと知恵を絞ってもらいたいものである。あ、夏は蚊がたくさん出て大変よ(笑)。あと、防火には要注意だな。

こういうサイトもあるのでご覧になっていただきたい。
山を歩いて美術館へ 観音山から高崎市美術館・高崎哲学堂・群馬音楽センター

|

« それだけでいいの? | トップページ | またくだらない調査で税金を無駄遣いする厚生労働省 »

コメント

タウトの「日本雑記」が新訳になっています(中公クラシックス)。井上房一郎氏の名前は、最後の「別離」のところに出てきていますね。

投稿: ぜっぴ | 2009年2月 6日 (金曜日) 13時40分

>>ぜっぴさん

情報のご提供、ありがとうございます(^_^)。

ところで、私は欠席しましたが、先日の「オフ」はいかがでしたか?

投稿: フロレスタン | 2009年2月 6日 (金曜日) 16時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/43898921

この記事へのトラックバック一覧です: この記事の文章では誤解を招く:

« それだけでいいの? | トップページ | またくだらない調査で税金を無駄遣いする厚生労働省 »