« 安らかに眠って下さい | トップページ | 「歓喜」も半ばだろう »

2008年12月11日 (木曜日)

悪意のある?記事の表現

昨日の毎日新聞朝刊14版に、次のような記事が掲載されていた。

特養利用の92人の個人情報が流出 グーグルマップ
 東京都足立区は9日、特別養護老人ホーム「プレミア扇」(同区扇1)のショートステイ利用者92人の個人情報がインターネット上の無料地図サービス「グーグルマップ」で公開されていたと発表した。
 ショートステイを利用していた足立、荒川、葛飾の3区の69〜99歳の男女92人の氏名と住所が、昨年9月ごろから公開されていたという。職員が利用者の送迎のため、氏名と住所をグーグルマップに登録した際、「非公開」にしなかったのが原因と見られる。(合田月美)
見出しを見た時点、それと途中まで読み進んだ時点でも、普通に読めばグーグルに問題(あるいは責任)があるように読める。

いかにもインターネット嫌いのマスゴミらしい書き方だ。関連したサービスとして、最近はグーグルのストリートビューも一部で問題視されているから、それに便乗したのかもしれない(無意識のうちに、かもしれないにせよ)。

しかし記事の最後まで辿り着けば、特養の職員に責任があることは間違いない。こういうのも情報リテラシーの一つなのだが、それがこの職員には不足している。情報の属性に無頓着なのだが、例えばUnix系のシステムを少しでもいじったことがあれば、例えばアプリケーションを動かすには単にプログラムを登録しただけではだめで、ファイル属性で実行権限を付与しないとだめなので、ファイル(一種の情報)の属性に無頓着などということは考えられない。

そもそも、どうしてローカルな92人程度の送迎という限られた利便性のためにグーグルマップなんぞを利用したのだろうか。目先の利便性だけにとらわれた結果だろう。こんな調子では、ネットワークコンピューティングの恐らく「名前を変えただけ」のクラウドコンピューティングがもしも普及したら大混乱になるかもしれない。

最初に引用した記事は、正確に記述しようとすれば、見出しは”利用者の92人の個人情報が流出 グーグルマップ利用の足立区特養”だろうし、本文の最初の文章の最後も”「グーグルマップ」上で不特定多数が閲覧可能な状態で登録されていたと発表した。”が正しい。

|

« 安らかに眠って下さい | トップページ | 「歓喜」も半ばだろう »

コメント

> 管理人様

ベタな表現で恐縮ですが、クラウドコンピューティングだけに、雲を掴む思いでございます・・・

投稿: tenjin95 | 2008年12月11日 (木曜日) 12時42分

>>tenjin95さん

うまい!
中には藁をも掴む思いの人もいるかもしませんね(^_^;)。

投稿: フロレスタン | 2008年12月12日 (金曜日) 01時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/43385414

この記事へのトラックバック一覧です: 悪意のある?記事の表現:

« 安らかに眠って下さい | トップページ | 「歓喜」も半ばだろう »