« 「シュウカツ」と「ナイテイ」というおかしな仕組み | トップページ | 謹賀新年 »

2008年12月30日 (火曜日)

臭いで男を貶める日本社会の風潮

30代は男性に限らず就職氷河期で気の毒(しかも自らの親の世代である団塊の世代の「逃げ切り」のとばっちりを受けている)だが、40〜50代は加齢臭で攻撃に晒されている。身体的特性だからしかたがないと思うのだが(体臭には個人差があるし、他人に不快な思いをさせない気遣いは必要だと思うので、私はそれなりに気を遣っているつもりである)、臭いで言うなら、混んだ電車に強烈な香水をつけて乗ってくる雌豚の方がよほど迷惑だし、男女問わず煙草の臭いの染みついている奴の方が始末が悪いと思う。

さて、何が言いたいのかというと、防臭柔軟剤のレノアのテレビCMを見て不快になったのである。
羊?のお母さんと子供がお父さんが近くにいるのに、レノアでお父さんの衣類に付いた加齢臭も防げる、とひそひそ話をしているのである。ちょっとこの国は臭いに過敏すぎるのではないかな。特に中高年の男の臭いとなると、鬼の首を取ったような騒ぎである。口臭はOLが上司を攻撃(口撃?)する時の定番の材料である。女だって口臭の酷いのはいるのにね。 

確かにホルモンバランスの関係から、男性は40歳くらいから加齢臭を発し始めるのに対して、女性は閉経期まではそれほどでもない。年齢を横軸、加齢臭原因物質(ノネナール)の量を縦軸にとってグラフにしたのを先日テレビで見た(番組名は忘れた)。それによると、男性は40〜55歳くらいまで増加しその後は減少するのに対して、女性は55歳以降に急激に増加し、その後も緩やかな単調増加である。確かに婆さんで臭いのが偶にいる。

たかが加齢臭くらいで男を小馬鹿にしたような態度を取るのは止めよ。ただし(煙草の臭いも含めて)あまりにも臭いに無神経な男は糾弾すべし。

|

« 「シュウカツ」と「ナイテイ」というおかしな仕組み | トップページ | 謹賀新年 »

コメント

年を取るのは仕方ない。しかし汚らしくなるのは余計、あえて大声で言う。私は今のところ加齢臭などないが。結局人間放っといたら汚くなるってこと。だったら気をつけて策をうつべし!年齢は理由にならない!女性は加臭が遅いというがそれはむしろ気持ちの差、女性のほうが人としてデリカシーを持ち続けてるのに他ならないということだ。汚くさえならなければ若者にバカにされる要素など何もないのだ。

投稿: 40男 | 2009年4月29日 (水曜日) 10時28分

>>40男さん

私は別に汚くしてよいとは言っていません。むしろ加齢臭が気になる年齢になったら、より意識して清潔にすべきでしょう。

レノアのコマーシャルはそういうことと関係なく中高年の男性は臭い、という前提に立っていることが私に許せないのです。そういう社会(または莫迦女ども)の風潮もです。

それから、あくまで一般論ですが、女性の加齢臭が遅いのは女性がデリカシーがあるからでも気の持ちようでもありません。単なる女性ホルモンの分泌の問題です。女性の加齢臭が気になる年齢では、男性はむしろ加齢臭は発生しにくくなります。

投稿: フロレスタン | 2009年4月29日 (水曜日) 19時55分

夫婦の仲がすでに男女の仲でなくなってしまう日本特有の問題かも(笑)いやもちろん制汗剤や消臭剤は派手に宣伝してますよ、こちらでも。

投稿: wagonthe3rd | 2009年5月11日 (月曜日) 01時48分

>>wagonthe3rdさん

白人や黒人は体臭のきつい人もけっこういますからねえ。そもそもの香水のルーツですよね。

制汗剤や消臭剤のCMもそれ自体はどうということはありません。よい製品なら派手にPRすればよいと思います。

問題は「お父さん」の扱われ方の一点です。父親が尊敬されない社会で少子化対策なんて言っても効果がないと思いますね。

投稿: フロレスタン | 2009年5月11日 (月曜日) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/43573962

この記事へのトラックバック一覧です: 臭いで男を貶める日本社会の風潮:

« 「シュウカツ」と「ナイテイ」というおかしな仕組み | トップページ | 謹賀新年 »