« 「歓喜」も半ばだろう | トップページ | 勝手に感情論に走った似非ヒューマニズムの典型 »

2008年12月16日 (火曜日)

人材派遣会社の元締め女はいずこへ

これだけ派遣切りが問題になっているのに、マスゴミはどこも奥ダニ禮子を取材しないのだな。

Wikipediaで奥谷禮子を検索すると、関連する記述の日付は2007年前半で止まっている。蟄居しているならよいことだが、目立たないところでえげつないことをしているのかもしれない。

|

« 「歓喜」も半ばだろう | トップページ | 勝手に感情論に走った似非ヒューマニズムの典型 »

コメント

先日、NHKの番組に出ていましたね。

”敢えて派遣の道を選ぶ人がいるので、(派遣切りの状況は)自己責任です。”

とのたまい、派遣法の改正は反対という立場をとっていました。

Canonの御手洗君も、”派遣切り”は苦渋の決断と言っていましたね。

この時代、労働力はいつでも代替え可能な消耗品であるようです。これからの子供達は底辺、じゃなかった良い学歴とっとかないと大変ですね。

投稿: outlaw | 2008年12月17日 (水曜日) 14時23分

>>outlawさん

おお、NHKに出ていましたか。
それにしても相変わらず鉄面皮だな(笑)。契約期間前の首切りは違法ではないのでしょうかね。契約書に特約条項でもあるのかしらん。

敢えて派遣のみを選ぶ人がいるからおまえのビジネスも成り立つのだろうに、と捨て台詞の1つも吐いてやりますか(^_^;)。

Canonは大分市が手厚く尻ぬぐいしてくれるので、「よい」ところに工場を建設したものです。進出時に優遇措置があったろうに、二重に税金の恩恵受けている。

私の使っているCanon製品は、と見てみたらビデオカメラくらいですね。

子供達には学歴だけでなく、つぶしがきくように最低2つくらい技能や資格を身につけさせる必要があるかもしれません。

投稿: フロレスタン | 2008年12月17日 (水曜日) 17時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/43436330

この記事へのトラックバック一覧です: 人材派遣会社の元締め女はいずこへ:

« 「歓喜」も半ばだろう | トップページ | 勝手に感情論に走った似非ヒューマニズムの典型 »