« 高画質で貧弱なコンテンツを見る気にならない | トップページ | 半年前とは違うんです »

2008年12月27日 (土曜日)

派遣の品格

以前ハケンの品格というドラマがあったな。

急速な景気の悪化で派遣切り、派遣止めがあちこちで見られ、労働組合や弁護士会が動き、はたまた職安(ハローワークってやつね)が「仕事納め」の後も稼働しているという。職安(今のは世相は「グッドバイワーク」なので敢えてこの言葉を使う)についていえば、その目的からしてそもそも「仕事納め」など存在しないはずだ。

皆優しいよな。明日は我が身ってか。貯金がない、住むところがない、生活できない…
しかし、派遣労働者を含む一般の勤労者は、個人的な借財を除けば、解雇されたとしても0の状態で放り出されるだけだ。恵まれた条件にある一部の間正社員なら割増退職金が付いてくるだろう。

しかし、中小零細企業の経営者はそうはいかない。放り出される時は負債を背負ってマイナスだ。しかも大企業の雇われ経営者と違って、連帯保証などというたこ部屋に等しい制度が生きているから、本来有限責任である会社制度にもかかわらず実態は無限責任だ。生きてそのマイナスが埋められなければ、自らの命を持って清算するしかない。そういう時に列車に飛び込んだりビルの上から飛び降りて通行人を巻き添えにするようなはた迷惑な奴には同情できないけれど。

そういう自分自身はというと、零細企業の経営者という立場で、先行きに希望がなくなった何年も前にこれ以上人員削減できない自分1人という状態になって、独立した時の本業とは違う分野にも足を踏み入れて、辛うじて生き残っている。家族がいるから逃げ出せないし、安定からはほど遠く負債もあるけれど何とか自力でしのいでいる日々である。いざという時のために最低限の保険には入っているけれど(苦笑)。

請負労働者でなく、派遣労働者の雇用責任は派遣元の人材派遣会社にある。その責任をもっと激しく追求すべきだと思うが、特にマスゴミさんにとってはそれも広告のクライアントだから表だって批判できないのだろう。もちろん途中で契約を打ち切る派遣先の企業に全く責任がないとは言わないが、それでも景気が悪化すればいたしかたないだろう。背に腹は代えられない、という言葉がある。安易に解雇するな、とか派遣労働者は物ではない、というけれど、よほど悪辣な経営者でなければ安易な解雇などしない。苦渋の選択というのはちと大げさな言葉遣いだろうし、TとかCといった大企業の経営者は、その言動からして悪辣かもしれないけれどね(笑)。

さて、役所が臨時職員などで失業者を雇ったり、公営住宅を斡旋したりするという。
会社の寮などという、失職と同時に住居も失うような仕組みもどうかと思うが、公営住宅という制度についてもいろいろと考えさせられる。そんなに空きがあって経営は大丈夫なのか、とか、普段はなかなか入居できないのにこういう時はあっさり入居できるのか、ということに始まって、本来の制度なら退去しなくてはならない所得階層の連中が居座っている、というのは頬っかむりのままである。

臨時雇用の人件費は予備費などを充当するらしいが、多くの地方自治体も財政難で赤字経営のはずである。仕事もなんか雑草取りとか窓口対応とか、わさわざひねり出しているような節があるように感じるのだが、そこまでするというのなら既存の職員の人件費を削って、ある種の属性の人たちがよく主張するワークシェアリングとやらを実施しないのか。臨時職員の仕事の内容も単純作業なら、失職者の派遣時代の仕事も多くは単純作業ではないか。赤字の組織が赤字の組織を解雇された人間を雇って、そのツケは結局納税者に回ってくるのだぞ。本来、公共セクターがなすべきことはそういうことではなく、産業構造の転換と人材の流動化をきちんと進めることではないのか。この国のやり方は、情に流されていつも対症療法、問題先送りだ。いい加減にこの構造を改めないとこの国に将来はない。

タイの空港占拠やインドでの同時多発テロのような物理的な暴動はこの国では起きていないが、インターネットの世界での荒れた言動は一種の暴動のようなものだ。このまま行くとネットカフェにも寝泊まりできない若年ホームレスが増加して、本当の暴動が起きてもおかしくないだろう。

|

« 高画質で貧弱なコンテンツを見る気にならない | トップページ | 半年前とは違うんです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/43546846

この記事へのトラックバック一覧です: 派遣の品格:

» 派遣村について [デボネアコンサルティング]
★生活危機:「面接に行く交通費ない」派遣村から移動の失業者、厚労省に支援要請・東京・日比谷公園にあった「年越し派遣村」から都内4カ所の施設に移った労働者らは6日、厚生労働省に対し、就職や住居を探すための活動費の支援を申し入れた。施設での相談活動が...... [続きを読む]

受信: 2009年1月 7日 (水曜日) 12時20分

« 高画質で貧弱なコンテンツを見る気にならない | トップページ | 半年前とは違うんです »