« 天皇陛下も後期高齢者 | トップページ | 安らかに眠って下さい »

2008年12月 6日 (土曜日)

残留争いの方が気になったJ1最終節

鹿島、J1連覇、初の2度目の連覇、通算12個目の国内タイトル獲得おめでとう。
最終戦で首位チームが降格決定済みの最下位チームに敗れるというのは、昨年の浦和の例があるものの、様々な状況が違いすぎた。前節のロスタイム勝利で優勝をぐっと引き寄せたのは間違いない。

髭政権末期の3、4年くらい前だと、先取点をあげても守備が不安定で、後半グダクダになって追いつかれたり逆転くらったり、ということが多かったが、今日のように同じグダグダでも相手をおちょくってボール回しして時間稼ぎができるようになったのは、かつてのジョアン・カルロス時代よりも進化しているかもしれない。見ている方は面白くないけど、優勝のかかった最終節だからこれはしかたないだろう。

川崎と名古屋という攻撃的なチームが終盤まで競ったことにより、リーグ戦は面白かったし、4位の大分(ナビスコ杯優勝)の躍進も素晴らしい。3位名古屋、4位大分、5位清水と上位3チームの監督がいずれも1965年生まれで若いのも今後が楽しみだ。ちなみにプロ野球の西武ライオンズも渡辺久信監督も同い年。2位の川崎は来季こそ、とタイトルを狙いにくるだろう。復帰する関塚監督は鹿島OB。来年は初のリーグ優勝を獲得するチームが出てくるのだろうか。

浦和は横浜マリノスに1-6の大敗。来季の監督就任予定者がシーズン終了前に日本国内でうろうろしているようでは、いい影響があるとは思えなかったが、完全にチームが崩壊してしまったといってよいだろう。ガンバ大阪も含めたJ1優勝経験チームはどう巻き返すのか。その前にガンバは、今日も負けてしまったし、天皇杯優勝を必死で狙ってくるな。

降格争いも熾烈。千葉はFC東京相手の最終節の後半で一時0-2とリードされ万事休すかと思ったが、なんと12分で4点取って残留を決めた。日本リーグの古河電工以来二部落ちの唯一ないチームというプライドが選手を駆り立てたか。

東京ヴェルディが川崎に敗れて降格決定。1年で逆戻りだが、すでに来季の人件費はJ2並みになることが決定していたようだ。最終節前に解雇通告をされた一人の福西が退場となったのは皮肉なら、ヴェルディがかつては川崎をホームタウンとしながら地域密着の運営をせず、同じ川崎で地元に愛されているフロンターレに敗れた降格というのも皮肉な巡り合わせだ。そしてかつての王者磐田も敗れて入れ替え戦に。その入れ替え戦関連では、間抜けな記事を発見。J2で3位になった仙台が入れ替え戦出場だが、なんとサンスポのネット配信記事が
J1昇格の仙台、関口がJ2通算7000点
と報じている。どうせ修正されるだろうから、ウェブ魚拓を取っておいた(笑)。

入れ替え戦は、初年度の2004年を除いて昨年(京都)、一昨年(神戸)、三年前(甲府)とJ2の3位チームが連続して勝利している。J1の下位とJ2の上位はそれほど力の差があるとは思えないので、J1で低迷したチームよりもJ2で熾烈な戦いを経た方が勢いがあるということだろう。もしかしてサンスポはそのことを言いたいのか(笑)?

来年からはJ1の下位3チームとJ2の上位3チームが自動入れ替えとなるので、入れ替え戦は今年が最後。この2試合は両チームが来年のJ1の座をかけて必死に戦うので、見ていて面白い。やっている方はたまらないだろうが。しかも第1戦は早くも今度の水曜日、10日に実施される。かつての王者がどこまで気持ちを切り替えて望めるか。仙台もJ1経験のあるチームなので、今年も面白い試合が展開されることだろう。磐田はゴン中山の髪の毛がだいぶ薄くなったのが目に付く。

来年J1の山形。こちらも昇格決定おめでとう。昨年の横浜FC、今年の札幌のようにならないよう、頑張ってもらいたい。15位以内に入らないと1年でJ2に逆戻りだぞ。

|

« 天皇陛下も後期高齢者 | トップページ | 安らかに眠って下さい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/43337435

この記事へのトラックバック一覧です: 残留争いの方が気になったJ1最終節:

« 天皇陛下も後期高齢者 | トップページ | 安らかに眠って下さい »