« ブログパーツ貼り付けご容赦 | トップページ | アホウ総理につける薬はあるのか »

2008年11月20日 (木曜日)

ドーハの「お仕置き」

W杯アジア最終予選、未明の対カタル戦。
事前の報道は、楢崎、中澤を怪我で欠き、中村俊輔も出場したものの怪我で不安ということで、危機感ばかりを煽っていた。しかも(選手たちはそんな意識がないのに)15年前のドーハの悲劇のことばかり取り上げる。

結果は完勝だった。最終予選、いや三次予選も含めたこれまでの試合の中で1番のできではなかっただろうか。おそらくは中澤がいないことで守備への集中力が切れず、万全のコンディションでないせいか中村(俊)頼みだったパスの出所が多彩になっていた。この試合で言えば、長谷部と遠藤の存在が大きかったと思う。左右ともサイドバックに有能な若い選手がいるのが頼もしい。15年前のドーハの悲劇の時に、本職の左サイドバックの都並が負傷で出場できず、三浦泰年あたりが代役だったのとは対照的だ。選手層は段違いに厚くなっている。

それにしても、主審のシナ人は下手くそだファウルを取らなすぎる。試合をぶつ切りにするようなホイッスルは問題だが、後方からのチャージを流しているのでは、選手が危険に晒される。いや、カンフーサッカーの国だったな(笑)。カタルの選手達の乱暴も目に余った。最後の方ではイエローカードが何枚か出ていたが、レッドカードで退場でいいのが、3人くらいいたぞ。あれじゃあ「削る」というよりは「彫る」と言った方が適切だ。

さて、次の試合は来年の2月11日にホームでオーストラリア戦だ。建国記念日にアングロサクソン相手の試合なのだから、これは絶対に勝たなくてはいけない。

|

« ブログパーツ貼り付けご容赦 | トップページ | アホウ総理につける薬はあるのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/43175622

この記事へのトラックバック一覧です: ドーハの「お仕置き」:

» W杯最終予選 日本がカタールを3対0で下す [つらつら日暮らし]
岡田監督最終戦?とも銘打たれていた試合でしたが、日本が勝ったようです。 [続きを読む]

受信: 2008年11月20日 (木曜日) 22時14分

» 2010FIFAワールドカップ・アジア最終予選 日本VSカタール [日刊魔胃蹴]
最終予選を2試合終えて1勝1分けで勝ち点4。前回のウズベキスタン戦では、ホームで痛いドローを喫しました。サッカー日本代表の3戦目はアウェーでカタールと対戦です。カタール代表は3試合を終えて勝ち点4、この日本戦が4試合目となります。この試合は本当に負けられない戦い、とにかく勝ち点3を獲らなければなりません!岡田ジャパンにとっては今年最後の試合。最高の形で2008年を締めくくれるか?さあ岡田ジャパンよ、日本サッカー鬼門の地・ドーハで勝利を掴み取れ! 日本代表のスタメン。 GK 1 川口能活 DF... [続きを読む]

受信: 2008年11月20日 (木曜日) 22時58分

« ブログパーツ貼り付けご容赦 | トップページ | アホウ総理につける薬はあるのか »