« 嫌な大人達 | トップページ | 自転車操業の独裁国家 »

2008年10月20日 (月曜日)

もいっちょ、野田聖子叩き

野田聖子が科学技術政策担当大臣ということをすっかり忘れていた(笑)。
科学技術政策に関しては、ほぼ何もしていないに等しいから、忘れられても当然だと思うがね。

彼女のサイトに次のような記述がある

科学技術政策に関しましては、前回も申し上げましたけれども、これまでの日本、上げ潮という言葉がありましたけど、まさに科学技術政策そのものが私は上げ潮だったと思います。過去もそして現在も、日本の優れた科学技術政策によって、この国は様々な富を生み出して参りました。
前半の文章は何を言っているのかさっぱりわからない(笑)。日本語でOKだな。

後半については、日本の科学や技術は優秀だが、その政策はお寒い限りではないのか。そもそもその富を生み出してきた源泉の一つである町工場は崩壊の危機にある。これは経済政策だけでなく科学技術政策の失敗でもあるだろう。

そもそも今回のマンナンライフ叩きを見るにつけ、この女には技術開発とかリスク管理といったことが全くわかっていないと思われる。任命した麻生首相の責任も重い。

|

« 嫌な大人達 | トップページ | 自転車操業の独裁国家 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/42845460

この記事へのトラックバック一覧です: もいっちょ、野田聖子叩き:

« 嫌な大人達 | トップページ | 自転車操業の独裁国家 »