« 衆院解散こそが景気対策なのではないかな(笑)? | トップページ | 超特大極悪な前例だ »

2008年10月 8日 (水曜日)

「祭り」の後はどうなる?

今年のノーベル物理学賞に、南部、益川、小林の三氏が決定。お三方の業績に対して心より敬意の念を表したい。日本人の受賞は6年ぶりか。もうそんなに経過してしまったのか、というのが率直なところ(^_^;)。

それにしても、普段はあまり科学に関心のない日本人が、こういう時ばかりはお祭り騒ぎで「にわか科学ファン」になるのは、悪いことではないだろうが、そんなことでいいのかね、とも思う。一般国民だけでなく政府レベルでも同様だからなあ。メディアなど普段は似非科学で稼いでいるのに、こういう時だけは科学を礼賛するという一種のマッチポンプ。だいたい素粒子論と聞いて、素粒子という言葉がどれくらい知られているのか。私も専門ではないので、きちんと説明しろといわれると困るけれど(^_^;)、物質を構成するこれ以上小さくできない粒子の単位である、という程度のことなら言える(正確さについては保証しない)。そういえばそんな名前の新聞のコラムがあったような気もするが(笑)…

87歳になる南部氏は子供の頃から桁外れの神童だったようだが、成人してからは頭脳流出組である。日本人の過去の理系のノーベル賞受賞者にも頭脳流出組がいた。日本という国は突出した優秀な人物を活かせないのは歴史的に連綿と続いていることで、このこは独立した記事を書こうと思っている。

今は大学院政策の失敗で、ポスドク問題、博士のレベル低下や就職難が問題となっているし、子供の理科離れも言われて久しい。本当にどこまで問題が深刻なのか、現場の実態を知る機会が少ないので、偉そうなことは言えないが、ノーベル賞騒ぎの時だけ世間の関心が向いて、結局根本的な施策は講じられない、ということの繰り返しではないのか。恐らく来たるべき総選挙の公約にも科学技術政策は票にならないし景気回復に直結しないから重んじられないだろう。

また何年かすると、同じような場面に出くわすに違いない。

(追記)
下村氏の化学賞も来ましたね。この人も頭脳流出組みたい。

(追記2)
南部氏は、どうして今頃(ノーベル賞はかなり後出しがあるわけだが)とか、これでノーベル物理学賞にも箔がついたな、と言われる大物だとのこと。俗物のアナウンサーどもが頓珍漢なインタビューをしているようだが、茂木健一郎あたりを使ったらどうなのかな。

下村氏は、今の科学者は結果が出しやすい研究に流れがちだが、もっと根源的なことを追求すべきだと、という趣旨のことを言われている。もっともだな。地球温暖化対策といえば予算が付きやすい、などといった安直な研究予算のあり方に切り込まないと、本当に今回の受賞がまたぞろ一過性のものになってしまう。

|

« 衆院解散こそが景気対策なのではないかな(笑)? | トップページ | 超特大極悪な前例だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/42722537

この記事へのトラックバック一覧です: 「祭り」の後はどうなる?:

» 日本人が6年ぶりにノーベル賞を受賞 [つらつら日暮らし]
日本人が、素粒子研究の分野で今年3人、ノーベル賞の受賞者を出しました。 [続きを読む]

受信: 2008年10月 8日 (水曜日) 15時13分

« 衆院解散こそが景気対策なのではないかな(笑)? | トップページ | 超特大極悪な前例だ »