« マッチポンプじゃねえか、環境省 | トップページ | 世は「麻」の如く乱れ「生」きた心地がしない »

2008年9月25日 (木曜日)

もう一つマッチポンプ発見

大学の高校補習に補助金 来年度から文科省 学力低下に対応ウェブ魚拓はこちら

大学生に値しないような学生を大学に入学させるということをやっておいて(その低レベルの大学にも既に補助金が交付されているだろうに)、さらに高校レベルの補修に補助金かよ。

もうこうなると文部科学省は三流官庁などではなく、誤留いや五流官庁だな。

和田秀樹
「補習授業などへの補助金交付を否定はしない」

莫迦か。こんな補習事業にかかる費用など全額自己負担でよい。どうして真面目に勉強しない奴ややる気のない奴が優遇されるのか。

|

« マッチポンプじゃねえか、環境省 | トップページ | 世は「麻」の如く乱れ「生」きた心地がしない »

コメント

あまり世間は指摘しないが、要は小・中・高に理解度が7・5・3割で、全入時代になってもそう簡単に大学つぶすわけにいかないから文科省としては、変な事やり始めたんでしょうな。

投稿: スーパーTS | 2008年9月27日 (土曜日) 17時49分

>>スーパーTSさん

AO入試で入った学生のレベルがどうしようもないようですし(昨秋からの娘の受験の時もどうしてあの子があの大学に入れるのか、というような実態がありました)、大学院生のレベルも相当堕ちているようです。

それにしても高校レベルの学習がわかっていない大学生に税金(補助金)で補習を奨励、というのは常軌を逸していると思いますね。これも一種のバラマキでしょう。

投稿: フロレスタン | 2008年9月28日 (日曜日) 18時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/42584410

この記事へのトラックバック一覧です: もう一つマッチポンプ発見:

» 大学の高校復習に補助金などもってのほか。断固反対 [和光市議会議員松本たけひろの「持続可能な改革」日記 番外版]
「 文部科学省 は来年度から、新入生に高校時代の授業内容を復習させる補習授業などの取り組みに補助金を交付する方針を決めた・・・高校時代の補習授業を導入している国公私立大は平成18年度時点で33%(234校)。国立では、香川大工学部が18年度から新入生を対象に、数学と物理の補習授業を始めている・・・学生数を確保するために推薦・ AO入試 で一般入試を経ない大学生も増えている。このため、大学関係者からは「高校の授業内容の理解が乏しいため大学の専門教育についていけない学生が増えてきた」との指摘が上がってい... [続きを読む]

受信: 2008年10月 1日 (水曜日) 23時51分

« マッチポンプじゃねえか、環境省 | トップページ | 世は「麻」の如く乱れ「生」きた心地がしない »