« 偽装の温床? | トップページ | 諸企業にFuji Xeroxの不買をお勧めする »

2008年9月13日 (土曜日)

今度は脳足りん凄惨省

太田脳足りん凄惨大臣は、親分である総理が辞任表明したため、残り僅かな任期中も居座るつもりだろうか。政治資金の問題はどうしてしまったのかな。福田の辞任作戦は妻の従弟であるこのバカ大臣を庇う目的もあったのだろう。

まあこんなことを今更言ってみても、政局は走り出してしまった。国民の手の届くところには今ない。

今回の事故米騒動に関しては、急性中毒患者は出ていないようで、長期間継続して食べない限り慢性毒性もそれほど心配することはないと思う。基準値の2倍の毒物というが、基準値そのものが安全側に設定されていて、それを超えたらすぐにアウト、という性格ではないからだ。

だが、バカ大臣は直接的な健康被害のないことだけを声高に叫んでいるようだ。

三笠フーズはじめとする腹黒企業は許し難い。たいていのことはバカ大臣と同様に「消費者がやかましい」あるいはメディアの過剰反応と批判してきた当ブログだが、こいつらは非難されて当然だ。そして農水省も実質的にグル、というのが日本社会の病巣を示していると思う。嘘をついてまでコストダウンを計ったことをこれらの会社では「企業努力」だと言ったらしいが、莫迦も休み休み言え。努力という言葉の意味がわからない非日本人である。「他社もやっている」という言い訳。万引きで捕まった窃盗犯はしばしば「他の人もやっている」と開き直るが、それと同レベル。車の来ない交差点を赤信号でみんなで渡るのとは訳が違う。関係者が逮捕・拘留されたら、文字通り「臭い飯」として事故米を食わせてやろうではないか


汚染米売買を禁止 農水省方針 輸出国に返品
ウェブ魚拓はこちら

今更アリバイ的なこんなことを。どうして最初からできなかったのか。あるいは最低限輸入してしまったとして、それを食品会社に転配するなど正気の沙汰でないことくらい、普通に考えればわかることだ。大量の製品回収を酒造会社や給食に事故米が混入してしまった保育園や病院など気の毒としか言いようがない。

農水省は、公衆衛生は管轄ではない、と逃げ腰のようだが、それならこんな三流官庁に食品を扱わせるのは金輪際やめにしたらいい。どうせ総選挙が近い。農水省の解体を選挙公約に掲げてはどうですかね、諸政党の皆さん。こんなスキャンダル、民間企業ならあっという間に崩壊だ。何故役所だけが責任問われないでのうのうと生き延びられるのだ。公僕という言葉はいつから死語になってしまったのだろうか。

もう一つの三流官庁である厚生労働省が公衆衛生の管轄であるし、ここも年金やら高齢者医療制度やら派遣労働問題やらでスキャンダル満載なので、解体したらいい。

厚生労働省は分割して、「厚生省部分」は農水省の食品関連部局全てと統合。「労働省部分」は総務省か経済産業省あたりと統合してしまえばいい。農水省の残りの部分は公共事業主体だから国土交通省と統合してしまえ。ただし、そうなると公共事業を抱える肥大化した官庁が登場することになるので、(国家権力から独立した)監視機関が必要だろう。英国みたいに融通無碍?に官庁の構成を変化させられるのがいいのだろうが。それとやはり政治家と官僚の関係に関して、制度改革が必要だろう。

最後に。糊を製造している主要な企業では、米を原料に使うことはないそうだ。コーンスターチやタピオカだという。毒の入った原料から糊が作られる、という噂が流れて製品が売れなくなったら、これらの企業も今回の事件の風評被害の対象に含まれることになるだろう。

|

« 偽装の温床? | トップページ | 諸企業にFuji Xeroxの不買をお勧めする »

コメント

■【事故米不正転売】情報開示遅れ、状況認識甘さも 太田農水相―腐れ木っ端役人の解雇にとどまらずシステムの新規構築が必要だ!!

こんにちは。太田農水相、本当に失言の多い人ですね、それに消費者行政に関しては、政府は無力だということがはっきりしたと思います。しかし、そればかり嘆いていても仕方がないと思います。私は、ここで消費者行政に関して新規システムを構築すべきと考えます。その中では、行政法人などは廃止するなりして、民間のNPOが大きな役割をすることにに期待しています。詳細は是非私のブログをご覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2008年9月13日 (土曜日) 14時15分

>>yutakarlsonさん

はじめまして。ブログ記事拝読しました。
私もNPOの理事をしています。記事の趣旨にはおおかた賛同します。

ただですね、日本と欧米のNPOを比較する場合、税制の問題が切り離せませんね。日本のNPOのかなりの部分は、官庁からの委託や補助金が主立った収入とならざるを得ませんが、そうなると対等に行政と渡り合えません。情報公開に不熱心なNPOもあります。こちらも実は社会システムの変革が必要なのだと思います。

消費者庁は今の日本でつくっても、設立当初は各省庁からの寄り合い所帯となって、結局「省益」に関する利害が対立したまま有効に機能しないと思います。ここまで日本人はお上頼みなのだろうかと悲しくなります。政権交代が実現すれば、もっと政治にも行政にも緊張感が出て、消費者庁なんかなくてもよくなるのではないでしょうか。

投稿: フロレスタン | 2008年9月13日 (土曜日) 14時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/42462108

この記事へのトラックバック一覧です: 今度は脳足りん凄惨省:

« 偽装の温床? | トップページ | 諸企業にFuji Xeroxの不買をお勧めする »