« 豪雨なのか剛雨なのか | トップページ | 妖怪・濃い化粧 »

2008年9月 3日 (水曜日)

敵前逃亡

臨時国会を控えて辞任を表明した福田首相は、「私は自分自身を客観的に見ることができるんです!」と言ったようだが、それならどうして自民党の総裁に担がれて総理大臣になったのか不思議だ(笑)。もしかして辞任を表明したのではなく、「自任」を表明したのか?あるいは総理になってから客観視ができるようになったとでもいうのだろうか。

福田の選挙区である(私の実家のある)群馬4区では、じっちゃん、ばっちゃん達が後期高齢者医療やら年金やら農政やらで不満をもっているらしいが、中選挙区制だった群馬3区時代は中曽根、福田(父)、小渕と社民党1人の当選が続き、小選挙区制になってからはずっと福田が当選である。どうせ次の選挙も福田が当選するのだろうし、そのうち息子の達夫(現政務秘書官)に地盤を譲るのだろうが、(まるで北朝鮮のように世襲で)福田一族が当選し続けるようなら、群馬4区の自民支持の有権者は莫迦丸出しだ。

|

« 豪雨なのか剛雨なのか | トップページ | 妖怪・濃い化粧 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/42364787

この記事へのトラックバック一覧です: 敵前逃亡:

« 豪雨なのか剛雨なのか | トップページ | 妖怪・濃い化粧 »