« もう一つマッチポンプ発見 | トップページ | これからの日本をどういう国にしたいのか »

2008年9月25日 (木曜日)

世は「麻」の如く乱れ「生」きた心地がしない

安倍晋三内閣は「お友達内閣」と揶揄されたが、麻生内閣は「坊ちゃん嬢ちゃん内閣」ぢゃないか!

小渕優子が少子化担当相だが、34歳で子供1人しかいないのが女というだけで少子化担当とはちゃんちゃらおかしい。もっとも今の経済、社会情勢では、誰がやっても少子化など防ぎようがないことは明らかだが。農水省の石破なんて完全に不適切人事だろう。

アル中議員が財務と金融の最高責任者を兼ねる。こいつも二世議員で、衆議院になれず県連でも主流でない二世議員が外相だ。

これで麻生がこけたら、次は本当に小池百合子になるかもしれない。野党第1党の民主党に当事者能力があるとも思えない(それでも「よりまし」かもしれないが)。絶望的な政治状況だな。

|

« もう一つマッチポンプ発見 | トップページ | これからの日本をどういう国にしたいのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/42586610

この記事へのトラックバック一覧です: 世は「麻」の如く乱れ「生」きた心地がしない:

« もう一つマッチポンプ発見 | トップページ | これからの日本をどういう国にしたいのか »