« ヨーグルトの食べ過ぎ? | トップページ | 脳足りん凄惨大臣 »

2008年8月24日 (日曜日)

子供には環境教育よりまず基礎的な科学教育をすべき

アニメDVD:「葉っぱ」通し環境問題学ぶ 町田の団体、杉並の映像会社製作 /東京
ウェブ魚拓

イ毎日新聞の好きそうな記事だ。他とちょっと違うという味付けをしながら、地球温暖化問題とゴミ問題の両方で、さり気なく読者を洗脳しようとしているところがいただけない。

記事に出てくる広瀬教授のご説はごもっともだが、俺の考えは違う、というジョークはともかく、物質循環が大切なことは言うまでもない。シロクマだ北極海の氷だなどと大騒ぎすることが環境問題の本質ではない、という広瀬教授の指摘は正しい。さすが高エネルギー物理学の専門家である。だが評価できるのはそこまでだ。

プラスチック類など、物質循環と無関係な物質を削減しろ、というのはわかるが、ならばどうしてそのPRをDVDなんかでやるんだ、という突っ込みが1点。結果的にこの記事は映像制作会社の広告記事になってしまっているのだ。この記事の論調に合わせると、子供相手なら昔ながらの紙芝居でいいぢゃないか(笑)、ということになる。

この記事を書いた記者に問いたいのは、エネルギー循環はどうした、ということ。もちろん、E = mc^2だから物質(質量)とエネルギーは等価な訳だが、恐らくこの記事中の物質循環は生体反応による有機物の合成と分解という狭い意味だと読めるので、現代文明を支えるエネルギー消費は物質循環と切り離されていると考えられる。

現代文明は大量のエネルギー消費と金属や合成物質(微生物が分解できない無機物や高分子化合物など)などがあって成り立っている。これらを単に減らせ、というだけなら、昔ながらの生活に戻れ、というのとほぼ同義である。いくら子供向けだと言っても、底が浅すぎる。だいたい、DVDに収録されている他のテーマが、生ゴミの堆肥化と自治体レベルでのレジ袋の全廃というのもあまりにお粗末で、既存のプロパガンダに乗っかっているだけではないか。

|

« ヨーグルトの食べ過ぎ? | トップページ | 脳足りん凄惨大臣 »

コメント

まったく同感です。
そして、知識も大切ですが、リテラシー能力の涵養がまた不十分ですね。

学校の環境教育はすごい物量なので子供たちの価値観は一方的な見方によってゆがめられています。

ま、私のころは左翼教育が盛んで、これまたゆがめられていましたが。

投稿: takeyan | 2008年9月 3日 (水曜日) 18時46分

>>takeyanさん

リテラシーの涵養の重要性、おっしゃるとおりです。

環境教育に限らず、情報リテラシーでも同様だと思います。先日、中学生の女の子を持つ知り合いと話していたのですが、出会い系サイトなどにそのくらいの年齢からはまるらしく、どう対処したらいいのだろうか、ということで、闇雲に禁止しても逆効果、むしろどういう風に情報の洪水に対応できるようにするかが大切だろう、という結論になりました。

投稿: フロレスタン | 2008年9月 3日 (水曜日) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/42257419

この記事へのトラックバック一覧です: 子供には環境教育よりまず基礎的な科学教育をすべき:

« ヨーグルトの食べ過ぎ? | トップページ | 脳足りん凄惨大臣 »