« 洞爺湖での茶番 | トップページ | 加藤の乱心 »

2008年7月 8日 (火曜日)

あちこちにいる「加藤愚小(智大の反対、な)」ども

秋葉原殺人鬼の加藤智大の犯罪行為には、動機に全く共感する点などなく、ひたすらに憎むべき行為であり、警官はその場で射殺してもよかったのではないか、とすら思う。

さて、以下のこの文章はいささか皮肉っぽいので、まずは改めて犠牲者の方々に哀悼の意を表し、遺族や友人・知人の方にはお悔やみ申し上げておく。

しかしである、わざわざ沼津くんだりからトラック借りて秋葉原にやってきて、しかもその前にネットでちゃっかり犯行予告なんぞやり、そのトラックで人をはねてから、降車してさらにダガーナイフで誰彼かまわず襲いかかる、という行為を考え、実行に移した、という発想と計画と実行力は、犯罪という点は棚上げするという前提で評価してやろう。

どうだ、うれしいか、加藤。おまいは孤独ぢゃないぞ(笑)。

ただな、どうせなら無辜の心優しい市井の人たちではなく、違うやつを殺ればよかったのかもしれないぜ。
なお、違うやつが誰かは、この文章の読み手によって異なるだろう。

それに比べると、その後、同じような犯行予告をネットでやらかすオリジナリティのない奴ら。しかも実際に犯行など実行していない。なんて愚かで小さい奴らなんだ。予告したならやってみろよ。できもしないで、世間を騒がせて快感を得たりストレス解消したり、自己の存在をひけらかそうなんざ、笑止千万である。ネットワークリソースをそんなことに使うな。そういう中に40代の会社員までいるというから、さらに驚きである、というのは嘘で今更驚きなんかしやせんけどね。

ネットワークは一種の公共空間である。
自宅なら何を言っても、どんなかっこうをしてもよいだろうが、家の中のパソコンや携帯電話からアクセスしようと、これは出入り自由で防犯カメラ付きのの外の空間と等質なのだ。そのことがわかってないな。小中学生の携帯電話制限もいいけれど、その前に公共の場でのふるまいに関するしつけと公徳心、そしてネットワークは私的空間ではなく公共空間だということを徹底的に教育する必要があるだろう。問題なのは、おそらく小中学校の教師でそういうことがわかっているやつがあまりいないだろうと思われることである。

|

« 洞爺湖での茶番 | トップページ | 加藤の乱心 »

コメント

> 管理人様

> 問題なのは、おそらく小中学校の教師でそういうことがわかっているやつがあまりいないだろうと思われることである。

そんなところでしょうね。
教師で同じような勘違いをする者が後を絶ちませんからね・・・

投稿: tenjin95 | 2008年7月 9日 (水曜日) 19時24分

>>tenjin95さん

職業別に見ると、学校教師の情報リテラシーというのはもっとも低い部類に属するのではないかと思われます。うちの子の通っていた公立学校など酷いものです。

悪用して援助交際やって逮捕されるのもいますしね。

投稿: フロレスタン | 2008年7月 9日 (水曜日) 20時10分

学校教師の情報リテラシーと無関係なことなのですが、気になったことを。

ニュースでは大分県の小学校教員採用試験の贈収賄事件が取りざたされ、教員は縁故採用の濃い世界らしいことが白日の下に晒されようとしていますが、高校教師の場合はどうなんでしょう?県職員と市町村の職員とでは異なるんでしょうかね?もしそうなら、人材育成の場が機能していないことになりますから、なんと恐ろしいことかと思った次第です。塾や予備校がビジネスとして成り立つのはこのせいなのでしょうか?

投稿: outlaw | 2008年7月10日 (木曜日) 00時09分

>>outlawさん

最近のことはわかりませんが、私の父親は教師でした。中学から途中で高校に移りましたが、その父の従兄には一家揃って教師、あるいはかつての同僚にも親子や夫婦で教師、というのはたくさんいました。

もちろん、だから縁故、とは限りません。教師をしていると教師同士で固まる傾向があるし(世界が狭い)、ほどほどの能力だと親見て自分も教師に、という二世教師はたくさんいますね。ただ、中には縁故採用もいたかもしれませんね。特に採用試験の面接で手心を加えるというのはありがちな手段だと思います。

逆に、親が教師なのに、組合のリーダー的活動家だったために、娘が同じ県の教員採用試験に何度挑戦してもだめ、というのもあったと聞いています。その彼女は他県で教師になったようです。これは縁故とは逆に本人に責任がないのに「懲罰人事」ですね。

一種のムラ社会がまだ残っているということでしょうが、次代の人材を育成する、という観点からは縁故採用などあってはならないと思います。

投稿: フロレスタン | 2008年7月10日 (木曜日) 17時51分

フロレスタンさん

お父様が教師でいらっしゃったとのこと。失礼しました。

”だから縁故、とは限りません。”

安心しました。

投稿: outlaw | 2008年7月11日 (金曜日) 00時59分

>>outlawさん

少なくとも私の周辺では、今回の大分のように相場が1人200万円と決まっている、なんて明らかな不法行為はありませんでしたね。同級生の父親でも教師が何人かいたし、父親の同僚の子供達にも同世代が何人かいたけれど、できのいい奴はたいてい教師になりませんでした(笑)。

1人200万使ってまで教師にしなければならないほど、出来の悪い子供だというのが気の毒ですが、そんな奴に教わる子供はもっと気の毒。今日の某ラジオ番組で、宮台真司が「二世教師が教師の6割もいる」と言ってましたが、北朝鮮ですかね、日本の教育界は(^_^;)。二世議員のことを批判できません。

投稿: フロレスタン | 2008年7月11日 (金曜日) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/41779484

この記事へのトラックバック一覧です: あちこちにいる「加藤愚小(智大の反対、な)」ども:

« 洞爺湖での茶番 | トップページ | 加藤の乱心 »