« 加藤の乱心 | トップページ | オリジナリティって何だ »

2008年7月12日 (土曜日)

7月7日に女性セブンにすっぱ抜かれた背番号7

なんだそうですな。私の情報源はTBSラヂオ。7の倍数か7のつく数字でエロくなりますか(^_^;)。
でも、苗字は二岡(におか)w。

まあ、母子家庭で大学時代の費用を広島東洋カープにみてもらって、野村謙二郎の後継者としてドラフト一位指名(逆指名)でカープ入りする予定だったのが、あっさり読売ジャイアンツが横取り。広島の費用負担分は読売が広島に支払ったらしい。面識があるわけではないが、こうした経緯や今回の騒動から察するに、自分の都合で周囲を裏切るのが得意なのだろう。

その年にカープがドラフト一位で取ったのは高卒の東出輝裕。それでよかったかどうかは、東出が必ずしもレギュラー張り続けた選手ではなく、二塁手に転向してしまったので何とも言えないが、三村敏之、高橋慶彦、野村謙二郎と続いた長くレギュラー張ったカープの遊撃手の系譜は途切れた。

2億円プレーヤーが9800円のラブホを使ったのはそういう若い時期の苦労があるからなのかな?それともただのケチ?オフにトレードの噂も出始めたようだが、30過ぎて故障持ちの高年俸選手は引受先が見つかるか。

ところで、モナの方だが、テレビ出演を自粛って、形式的だよな。前も代議士かなんかと路上キスをすっぱ抜かれて謹慎したけれど、反省してないぢゃないか。もっとも下半身には人格がないから、反省しろと言っても無理かもしれない。

|

« 加藤の乱心 | トップページ | オリジナリティって何だ »

コメント

> 管理人様

どっちもどっち、という感じのニュースでしたね。しかし、山本モナが、「オフィス北野」だったというのは、今回知りました。

投稿: tenjin95 | 2008年7月12日 (土曜日) 08時06分

天の邪鬼な一視聴者としては、下半身の大人しい山本モナになど興味はありませんけどね。

投稿: 五月原清隆 | 2008年7月12日 (土曜日) 10時46分

>>tenjin95さん

私にとってはどうでもいい出来事なので、スルーしようかと思ったのですが、ついついラヂオのネタに反応してしまいました(笑)。

>>五月原さん

おっしゃるとおりでしょうね。私も別に山本モナに下半身をおとなしくして欲しいとは思いません。むしろ本当の姿にふさわしい役回りが別にあるだろうと思います。少なくともニュースやクイズ番組にもっともらしい顔して出演するキャラぢゃない。

投稿: フロレスタン | 2008年7月12日 (土曜日) 19時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/41808657

この記事へのトラックバック一覧です: 7月7日に女性セブンにすっぱ抜かれた背番号7:

« 加藤の乱心 | トップページ | オリジナリティって何だ »