« 技術を正当に評価しない日本社会と御用メディア | トップページ | 昔鬼畜米英、今地球温暖化防止 »

2008年6月16日 (月曜日)

木も森も見ない近視眼的環境原理主義

プリンターの裏紙使用 トクなのか損なのか

そんなに環境(森林資源)が大切ならそもそも紙を使うなよ。
事業所で使うA4サイズのプリンタ用紙なら1枚1円するかしないかだろう。

それに対してコピーチャージは1枚に付き数円から数十円。大量に使うところでは一定枚数までの定額制のとろこも多いかもしれないが、それはそれで高額であり(利用量や契約によっても違うだろうが、恐らく1枚につき20円程度か)、利用枚数が少ないならかえってコスト高。トナー(またはインク)もバカ高いし電気代もかかる。

記事にあるように紙詰まりを起こして再印刷するようなら紙代の節約にもならない。そして修理にサービスマンを呼んだら、その分のコスト(人件費、車両費、燃料費、消耗品費など)が必要になり、これも環境負荷の増大につながる。

紙は確かに物理的存在として形も大きさも重さあるから、どうしても目を奪われがちだが、普段目に入らない要素の方がはるかにコストとしては大きいし、その分環境負荷も大きい。

この記事の下の方にあるコメントの

プリンター製造会社は推奨しないと言う前に、両面使用を前提としたプリンターを開発してくれ!
もはや両面使用は社会の常識。エコのためにも必要です。
は妄想に基づく自分の「常識」を勝手に社会の常識と決めつけている、何でもエコエコと騒ぎ立てる環境原理主義莫迦だ。そして「両面使用のプリンターなんてすでに発売されてるけど。」とすぐに突っ込まれている(笑)。

ちなみに(滅多にないけれど)私はページ数の多い文書を印刷するときは、最初からその両面使用のプリンタで両面印刷にしている。エコだから、ではなく厚さも重さも半分で済むからだ。

|

« 技術を正当に評価しない日本社会と御用メディア | トップページ | 昔鬼畜米英、今地球温暖化防止 »

コメント

小生も最近Printerを買い換えて、両面印刷をDefaultにしました。
武田邦彦氏によれば、紙のリサイクルはかえって環境に良くないとか。

投稿: そろそろ | 2008年6月17日 (火曜日) 23時53分

>>そろそろさん

武田教授にかかるとほとんどのリサイクルは環境によくない、となります。眉唾な主張もあると思いますが、リサイクル原理主義に反撃を加えた功績は評価すべきだと思います。

紙のリサイクルは繊維の劣化で4、5回程度が限度とか。再生の過程で使用するエネルギーも含めてLCAで考える必要がありますね。

古紙100%に拘泥する連中には、その古紙の原料の紙はどこからやって来たのですか(笑)、と尋ねてみたいものです。

投稿: フロレスタン | 2008年6月18日 (水曜日) 02時02分

電子メールの普及で、回覧や配布のための紙出力が減ってきていますが、紙のほうが検索性や一覧性が高いので、ゼロになるにはまだ時間がかかりそうです。
業務上では、十年以上も前から、必要に応じて2in1、4in1、6in1、両面などは実行していますね。携帯性が高まるので。

で、裏紙使用ですが、ジャムが多いのは事実。片面の廃棄紙は、メモ用紙にしているほうが多かったと思います。
しかし、最近は情報のセキュリティ強化とかで、裏紙の使用は禁止される方向にあります。

と言うわけで、今更「資源が・・・」という論点で話をされてもねぇ。

投稿: TuH | 2008年6月19日 (木曜日) 03時01分

>>TuHさん

具体的なお話をありがとうございます。

ウェブにしてもメールにしても、何でもすぐに印刷する人って、けっこう見かけますよね。だいてい情報リテラシーの低い人のような印象を受けるのですが。私は仕事でUXGAのディスプレイを使っているので、印刷する必要性をほとんど感じません。

多くの環境問題は複数の要因が絡み合っているのに、わかりやすいのか危機を煽るのに都合がいいのか、未だに単純化したとらえ方が横行してますね。その最大のものが温暖化二酸化炭素主犯説ですが…

紙の枚数を減らせば森林が保護できる、という単純なものでないのは、地球環境のためという名目のバイオエタノール生産が森林破壊をしていることでもわかります。

紙詰まりもそうですが、セキュリティの観点は大切ですね。裏紙使用による環境負荷低減効果なんてたかがしれていますし、セキュリティ管理が杜撰という方が企業にとっては問題です。

投稿: フロレスタン | 2008年6月19日 (木曜日) 10時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/41556115

この記事へのトラックバック一覧です: 木も森も見ない近視眼的環境原理主義:

« 技術を正当に評価しない日本社会と御用メディア | トップページ | 昔鬼畜米英、今地球温暖化防止 »