« 2つの世界遺産の共通点 | トップページ | 賤婆吉兆だな »

2008年5月 8日 (木曜日)

「チンパンジー」でもわかる「戦略的互恵関係」

福田康夫は胡錦涛が自分のカウンターパートだと思っているかもしれないが、中華思想からすれば「皇帝」は世界でただ1人であり、カウンターパートは存在しないはずである。我が国の天皇陛下ですら下に見ていることだろう。そんな中華思想の国にとっての戦略的互恵関係とは何か。

  • ガス田は東シナ海にあるから中国のものあるネ。日本はこれを買えば掘削の手間が省けるあるヨ。

  • パンダは(ミーハーな)日本人が喜んで、中国はレンタル料もらえるから双方万歳あるネ。

  • 地球温暖化防止のために日本は資金や技術を中国に提供するあるネ。そうすれば汚れた大気も日本に飛んで行かなくなるあるヨ。

  • 中国人留学生にたくさん援助するあるネ。そうすれば少子化で困っている日本の大学喜ぶあるヨ。

  • 日本の寺院や仏像破壊されたくなかったら、チベット問題に口はさまないことあるネ。

ってなところだうろか。嗚呼。

|

« 2つの世界遺産の共通点 | トップページ | 賤婆吉兆だな »

コメント

きっつー。しかし、誇張されながらも的を得てると思います。なんと言っても、向こうは世界の中心、中華なんですから。

投稿: outlaw | 2008年5月 8日 (木曜日) 22時15分

胡耀邦路線の二番煎じのようですが、
http://sankei.jp.msn.com/world/china/080507/chn0805072350005-n1.htm

同じ苗字でも月とすっぽんのようです。

6月4日には胡耀邦氏と第2次天安門事件の
犠牲者の冥福を祈る「リメンバー・
ティエンアン・ゲート」キャンペーンでも
展開しましょうか(笑)

投稿: nenpiro | 2008年5月 8日 (木曜日) 23時30分

>>outlawさん

昨日の早稲田大での講演で「日本の優れた環境、省エネ技術は学ぶべきもの」という趣旨のことを言ったようですが、これは「盗むべきもの」の「誤訳」wではないかと思います。

その証拠の1つとして、北京・上海高速鉄道は「中国の独自技術」ということになっているのが指摘できます(笑)。

>>nenpiroさん

失われた20年ということですね。
6.4キャンペーンは、日本中のブログで展開できたら面白いでしょうね。

投稿: フロレスタン | 2008年5月 9日 (金曜日) 11時16分

> 管理人様

失礼いたします。

> 日本の寺院や仏像破壊されたくなかったら、チベット問題に口はさまないことあるネ。

なんとも恐ろしい話ですが、こういう感じはあるでしょうね。かつて中国では、三武一宗の破仏という仏教弾圧がありましたが、現代の状況も、上手くこれに結びつけたいところです。まぁ、日本も19世紀後半からは、酷い仏教弾圧の状況に変わりないですけど・・・

投稿: tenjin95 | 2008年5月 9日 (金曜日) 17時20分

>>tenjin95さん

善光寺の落書きの事例もありますし、893な留学生や不満のたまっている不法滞在労働者なんぞが暴発しないとも限りませんからね。

19世紀後半からの日本の仏教弾圧ですか。確かに。当事者でないとあまりピンとこないかもしれませんが、家系を考えると私にもおはちが回ってきた可能性がない訳ではないので、宗教問題に無頓着にならないよう心します。

投稿: フロレスタン | 2008年5月 9日 (金曜日) 18時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/41136256

この記事へのトラックバック一覧です: 「チンパンジー」でもわかる「戦略的互恵関係」:

« 2つの世界遺産の共通点 | トップページ | 賤婆吉兆だな »