« チベットの現状に思う | トップページ | 糞害に憤慨?いや弾圧に憤慨 »

2008年4月13日 (日曜日)

甘ったれるな、甘えを増長させるな

千葉県立八千代西高校で、入学金を持参しなかった2人が入学式に参加させられなかった、というニュース。

そもそもニュースにする価値があるのか疑問だ。最近は「弱者」擁護かなんかしらないが、こういう過剰な報道が多いような気がする。あくまで気がする、にすぎないが。あるいはニュースソースが不足しているのか、本当に報道する価値のあるニュースを探す能力がメディアに欠落しているのかもしれない。

教職員組合(また組合かよ)は教育的でないとこの措置を批判し、尾木直樹に至っては「生徒、保護者全員に謝罪しろ」などと暴走発言をしている。

莫迦じゃないのかね。期日までに入学金を支払わなければ、入学の意志がないと見なされて入学の権利を失う。千葉県は入学式の日に現金持参でいいのか。普通は入学式以前に振込納付だろう。そうでなければ学籍簿が作成できないではないか。ここの場合は入学意志だけ示せばいいのか。それだけでも十分に甘いと思うし、持参しなければ入学式には出席できないと事前に校長が説明していたというではないか。きちんと支払った他の家庭からすれば、何を甘えたことを言っているのだ、と思いこそすれ、同情する気にもなれないだろう。

それなのに校長、あるいは学校側に非があるかのように批判するのは一体どういう了見なのだろうか。

しかもこの2人の親は、そのその日のうち(1人は午前11時くらい、もう1人は夕方)に入学金を持ってきたという。もしも「寛大な措置」で2人を入学式に出席させていたら、親はしらばっくれて、いつまでたっても入学金を支払わない可能性もあっただろう。

給食費を(払えるのに)払わないで無銭飲食しているのを擁護しているのと根っこは共通のような気がする。

もしもこの2人の生徒が大学や専門学校などに進学を希望するなら、入学手続きはもっと官僚的、機械的だと言うことを知っておかなければ、せっかく合格した上級学校に進学できなくなるし、就職するにしても指示されたとおりの手続きをしなければ入社できないということを知るべきだ。

そういう点で、今回の学校側の措置は極めて教育的であると評価すべきだろう。

(追記)
この件で逆批判が殺到した尾木は、「あの5行では真意が伝わらない」と毎日新聞に不快感を示しているらしいが、それなら新聞取材にコメント出すのなんか止めよ。記者の都合のいいように短く編集されるのは当たり前のことで、それが嫌なら取材を断ればいいだけのこと。

|

« チベットの現状に思う | トップページ | 糞害に憤慨?いや弾圧に憤慨 »

コメント

> 管理人様

ホント、親も高校に甘えているのでしょう。そのような甘えを認めないという、親への教育がなされたことに、拙僧は評価します。まったく、この高校を批判しようとする連中の頭の中がどうなっているのか?良くわからない話ですね。

投稿: tenjin95 | 2008年4月14日 (月曜日) 04時33分

>>tenjin95さん

夕方に支払った女の子の親の方は、分納で、9万円のうち2万円納付だそうですね。恐らく事前にいろいろと相談も受け付けていたと思うので、当日にこんな行動するくらいなら、どうしてそれまでに何もしなかったのかと思います。

当たり前の対応が、非教育的だの官僚的だのと批判されていたら、教育なんかやってられません。

尾木氏は、もしも自分の教え子の大学生が卒論の締め切り過ぎて提出しなくても、教育的配慮からビハインドを受け付けるのか、と問いたいですね。

投稿: フロレスタン | 2008年4月14日 (月曜日) 10時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/40869854

この記事へのトラックバック一覧です: 甘ったれるな、甘えを増長させるな:

« チベットの現状に思う | トップページ | 糞害に憤慨?いや弾圧に憤慨 »