« 浮動小数点演算? | トップページ | 2つの世界遺産の共通点 »

2008年4月29日 (火曜日)

言葉遊びで学問、表現の自由の概念を弄ぶ法学者

光市の母子殺害事件の広島高裁差し戻し判決から、瀬尾某という青山学院大学准教授が釣れて、その先に北大法学部の町村泰貴教授が引っかかっていて、そちらのブログ(Matimulog)が炎上状態。
准教授の個人blogの記述に勤務先大学学長が謝罪
青学准教授のblog記事を元に処分か?

表現の自由だの学問の自由だの大学の自治だのと、もう脳内お花畑満開の議論が展開されている。何百とコメントがついていて(私も全部見たわけではないし、読むに値しないコメントも多数ある)、時間のある方は覗いてみると、如何に大学の先生が浮世離れしていても務まるのか、ということの一端が伺える。

そもそも大学教員の多くは、研究者としての意識ばかりが強くて、教育者であることの責任感が薄いのではないかと思えるのだが、何か本人に力がないのに肩書きの力を自分の力と勘違いしている大企業の役員、管理職にも似た滑稽さを感じる。

それはともかく、学問や表現の自由の侵害という点で言えば、瀬尾の落書きなんぞ表現にも値しない(とまあ私もかなり乱暴な表現をしばしばこのブログでしてますけどねw)訳で、世界的な二酸化炭素地球温暖化主犯説ファッショの流れの中で、異論が学術雑誌や一般誌、新聞などに掲載されなくなっているらしく、こちらの方がはるかに大きな問題(脅威)と言わざるを得ない。

極地の研究者によると「北極の氷は数十年サイクルで増減を繰り返している」が、現在の圧倒的多数派は現在の北極の氷の現象は二酸化炭素が原因だと思っている。また現場の研究者、観測者によると南極では平均気温が上昇しているという事実はないとのこと。こういう主張は意識していないと目にすることがなくなってしまっているのが現状である。

中世ヨーロッパはカトリックのために学問や表現の自由がない暗黒社会だったようだが(ガリレオ・ガリレイはその典型的な被害者か)、現在は二酸化炭素主犯地球温暖化脅威教による暗黒社会が到来しているようである。

|

« 浮動小数点演算? | トップページ | 2つの世界遺産の共通点 »

コメント

IPCCの原文なんて私も正直、見ませんけど、そこには常識と逆のことがたくさん書かれている、ということはいつも心の片隅にキープしています。

投稿: takeyan | 2008年5月 8日 (木曜日) 00時37分

>>takeyanさん

マスゴミの連中が口にするのに「報道の自由」というのもありますね。彼らがあの言葉を言う時と、大学教官が「学問の自由」を口にする時の目の血走り方は共通なのでしょう(笑)。こういう人達の言うことを頭から信用しないことでしょうね。

IPCCなんて、ちゃんと原文読んでいられる人はほとんどいないわけですが、それをいいことに、特異値ばかり強調して危機を煽るような恣意的な報道がなされてます。

投稿: フロレスタン | 2008年5月 8日 (木曜日) 10時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/41037736

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉遊びで学問、表現の自由の概念を弄ぶ法学者:

« 浮動小数点演算? | トップページ | 2つの世界遺産の共通点 »