« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月29日 (土曜日)

あらら、もう3月も終わりが近い

うーん、今月はいろいろあって、ろくすっぽ更新が出来ませんでした。
言いたいことは沢山あるけど、(それなりに長くやっていると、)こういうネタにはこういう反応がブログ上で多く出てくるんだろうな、と予測できてしまうのも、エントリーの更新を鈍くする原因(^_^;)。

いや、最近の世の中の手詰まり状態は、そのネタの供給すら少なくなっている感じがしてならない。
日本社会全体のエネルギーレベルが相当低下している気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月18日 (火曜日)

各停申告だったな

昨日確定申告に行ってきますた。いつものように最終日に駆け込み(笑)。さすがに危険ですからおやめ下さい、とは言われなかった訳だが。

今年はいつもより人が多かったような気がする。なにしろ行列が半端でなかったからだ。遅遅とした前進で行列に並んでから提出するまで30分かかったよ。

去年までは戻りがあったが、定率減税がなくなっちまって、今年は少し追加で支払わないといけなくなった。それより住民税が怖いな。実は平成19年度分も第4期を滞納中(^_^;)。まあこれは近々払いますけどね。

電子納税するのに電子証明書が必要である。住基カードがなくても、いくつかの認証局の公的認証でいいらしいので、来年あたりは導入を考えようかなあ。

とにもかくにも役所の連中の税金の使い方には大いに不満がある。ガソリン税でマッサージチェア買ったとか、コンパニオン付きの宿泊旅行したとか、そんな低レベルもどうかと思うが、そこここに存在する腐敗臭のする利権構造が腹立たしい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

懐妊なら嬉しいが解任はなあ(笑)

オジェック解任。
昨年終盤の悪い流れを断ち切れなかったと言えばそれまでだが、ワシントンが抜け、ポンテが負傷欠場なのに、補強した選手達(誰とは言わないが)が働かなければ、思うようなサッカーが出来ないのも当然だろう。

オジェックは前の浦和の監督の時にあまりいい成績でなかったように記憶していたが、調べてみたらそうでもなかったのだな。むしろ低迷していたのを上位に引き上げたのに、彼が退任した後再び低迷し、一度J2陥落の憂き目を見た、というのが正しい「歴史」だった(^_^;)。

今回も大型補強と言われているようだが、アレックス(三都主)もケガで長期離脱だし、小野、長谷部と抜けたことを考えれば、差し引きそれほどの補強でもなくなってしまう。今季の初戦でパサーがいない、とメディアに批判されたが、まるでプロ野球の読売ジャイアンツのように、方向性の見えない補強をしているフロントの責任も大きいだろう。

思えば昨年の開幕当初、鹿島は5試合連続で勝ち星がなかったが、オリベイラはよほど選手やフロントから信頼されていたのだろう。今季の浦和と対照的だ。

ガンバ大阪も低迷しているし、川崎も勝ち星がない。開幕前に鹿島、浦和、川崎、ガ大阪の4強などといわれていたが、ここまではその構図が崩れている。特に浦和とガ大阪は出口が見えない状態だろう。W杯予選での中断があるのが救いか。昨年上位の清水や新潟も今ひとつ。いつものことだがまた上位の何チームかと中位の混戦、下位は降格圏争いの中で圧倒的な最下位(昨年の横浜FCみたいな)と分かれそうだな(笑)。今年は札幌が1年で「出戻り」になりそうな臭いがプンプンする。

J2もここ数年、上位7チームくらいの混戦状態だが、今年もそんな雰囲気である。
そんな中で、をい、草津、なんで新参の熊本なんかに負けるんだよ。

名古屋の試合をテレビで見た印象では、代表では久々に復帰のFW玉田が活躍しそうな気がするのだが、果たして26日のW杯予選で出番があるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月11日 (火曜日)

百合タン、GJかな?

濃い化粧、もとい小池百合子元環境相、前防衛相がめずらしくまともなことを言っておりますね。
食料原料のバイオエタノールは中長期的には破綻するから、日本主導で中止をせよ、と。大臣の座から離れて少しは頭を冷やしたのかもしれない。

まあ、短期的にも破綻すると思いますが(笑)、これは正論なので是非実現して欲しい。
よしんばバイオエタノールで二酸化炭素排出削減できたとしても(すべての植物が四六時中光合成しているわけではないのでその可能性も疑わしいが)、それで人間が飢え死にしたら本末転倒もいいところ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月曜日)

まともな弁護士会もあるのだな

<裁判員制度>「数年間延期を」新潟県弁護士会が決議

当たり前のことだ。任意に選ばれて生活を犠牲にしてまで重大な事件の裁判に関わり、死ぬまで守秘義務を負わされる制度など廃止してよい。導入されてしまったら、私はできる限りの抵抗をするつもりでいるが、こういう弁護士会の決議がもっと増えて、制度の先送りにつながることを希望する。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »