« やはり「殺人企業」か | トップページ | 紙くずよりも屑な奴ら »

2008年2月 5日 (火曜日)

勇気りんりんならぬ有機燐燐

多分今一番有名になり、かつ見るのが飽きられていると思われる転用もとい天洋食品禁制、もとい謹製(でもないかw)の「手作り餃子」。

次から次へと断片的な情報が出てくる。少しメディアは黙ったらどうかな。
今回の過剰反応は、餃子という食品そのものに対する風評被害になりつつある、いやなっている。

それにしても生協。
毎日新聞の今日の朝刊の渡辺宏氏の指摘は、生協に安全幻想を持っている人にはショックかもしれないが、新興宗教みたいになっていると、逆に意地になって生協を擁護するかもしれない。

「日本生協連は今や巨大商社。今回の中毒事件で分かるように、外部メーカーに製造委託したものにコープマークをつけて売っていると言っていい。質も値段も普通のスーパーで売られているものと一緒と考えるべきだ。」

|

« やはり「殺人企業」か | トップページ | 紙くずよりも屑な奴ら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/40007343

この記事へのトラックバック一覧です: 勇気りんりんならぬ有機燐燐:

« やはり「殺人企業」か | トップページ | 紙くずよりも屑な奴ら »