« 倖田に傷つけられた人はいるのかな? | トップページ | 記者クラブに浮遊する能なし記者 »

2008年2月 8日 (金曜日)

偽ョーザ?

「ギョーザ手作り器」の注文殺到=野菜用洗剤も売れ筋に−中毒事件で

俺は材料があれば、手作り器なんぞなくても餃子を作れるぞ(笑)。不器用な奴が多いのか、それとも面倒くさがりなのか。「手作り」したがるのだから面倒くさがりではないのかもしれないが、それにしても加工品は不安だが、材料から買ってくればそれだけで安心なのか?おめでたいな。だったら餃子の皮も小麦粉から作るのかな。もしも皮は買ってくる、というのであればお笑いぐさである。材料の小麦粉は輸入品かもしれないし、その製造工程で毒物が混入するかもしれない。もしも餃子の皮が「中国産」だったら一種のブラックジョークだよ。

野菜用洗剤には不安は感じないのかな?

白菜を栽培し、小麦を栽培して収穫したら粉を挽き、豚を飼って挽肉を作り、なんてやる奴はいないだろう(笑)。

「食品の安全・安心に手間と費用を惜しまない姿勢が鮮明になりつつある」なんてこの記事では書いているけれど、「手軽にスピーディーに『皮閉じ』できるのが特徴」なら、何のことはないお手軽に気休めの安心感を得たいだけぢゃないか。

それはともかく、今回の事件は餃子が悪いのか?えっ?
日本人はここまで劣化してしまったのか、それとももともと莫迦が多かったのか。江戸時代あたりの町人の方がよほどまともではないかという気さえしてくる。もちろん江戸時代の町人に直接の知り合いはいないが(笑)。

たまたま餃子に殺虫剤が混入していたと言うだけのことで、実はロールキャベツのパッケージも報道では見かけたが、こちらはどういう訳か騒ぎになっていない。消費量の違いというだけで片付けていいものかどうか。

とにかく何か少しでも問題があれば、それと同じものを避ける、という安直な行動しかできないのは、如何に思考停止状態に陥っているか、ということとKYなんて言葉に代表されるような社会の同調圧力に屈しやすいか、そういう類の輩が多いということだろう。

ところでJTはテレビでお詫びのCMを流し始めているが、毒の混入したものを売って健康を損ねたと謝るのであれば、今日まで長年にわたって大量に売り続けている「タバコ」に関してはどう考えればいいのか。タバコが原因の火災も含めてこちらは死者が出ているが、少なくとも冷凍餃子で(日本では)死者は出ていない。

「中国産」なのに別の産地国を表示する「次なる偽装」が出てくるのも遠い日のことではないかもしれない。

|

« 倖田に傷つけられた人はいるのかな? | トップページ | 記者クラブに浮遊する能なし記者 »

コメント

農薬成分が検出されたのであれば、
色々言い逃れができるでしょうが、
土壌や水質等の汚染に由来する
重金属や化学物質が検出されたら
洒落にならなくなるでしょう。

おそらくすでに中国製加工食品を
「東京都健康安全研究センター食品化学部
残留物質研究科」が29種あるといわれている毒性を持つダイオキシン類の分析に
着手しているでしょう。

投稿: nenpiro | 2008年2月15日 (金曜日) 21時05分

>>nenpiroさん

そんな可能性まであるのでしょうか。
もしも本当なら恐ろしいこと。それこそオリンピックなんか中止にしないといけないでしょう。

投稿: フロレスタン | 2008年2月16日 (土曜日) 01時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/40041082

この記事へのトラックバック一覧です: 偽ョーザ?:

« 倖田に傷つけられた人はいるのかな? | トップページ | 記者クラブに浮遊する能なし記者 »