« 初春 | トップページ | お正月の大手町 »

2008年1月 3日 (木曜日)

盗人に追い銭

「団塊世代」支援でシルバー人材センターに内閣府が補助金

団塊の世代というのは、高度経済成長の恩恵を受けた世代だろう。いわば右肩上がりの経済の果実を十分に受けた最後の世代ということもできるだろう。以前ラジオで、誰だか忘れたが団塊世代の芸能人が出演していて、同世代の人口が多いから、ちょっとした思いつきでも、大勢の賛同が得られた、というような趣旨のことを言っていた。早い話が、多少甘い計画でも実現の可能性が大きかったということだ。

経済成長と同世代の頭数という温室の中で育ち、若い頃は学生運動で反権力を気取り、一部はそのまま左翼活動家、大半は「転向」して従順なサラリーマンとなって、日本社会を少しずつ蝕んできたのである。

そういう世代に対して、今また補助金の支出とは呆れるばかりである。
この世代は、何かに頼っていないと何も出来ない自立できない世代なのだろうか。
技術者の退職で後継者がいない、と問題にするが、それとて、周囲の同世代の数が多いことに甘えてその日その日を過ごしてきて、自分達がいなくなった後どうなるのか、という先を見通す力がなかったということの結果である。

もちろん人間であるから、団塊の世代の中にも、社会に貢献できる有能な人物、周囲によい影響を与える人格者はたくさんいるだろう。そういう人達まで貶める意図は全くない。否、そういう人達は補助金などばらまかなくとも、老いても自力で立派に何かをやってくれるだろう。

そうでない人達は、寝言を言っていないで、補助金などをあてにせず、早く表舞台から姿を消してもらいたい、と願っている1950年代以降生まれは、けっこういるのではないかと思うのである。

|

« 初春 | トップページ | お正月の大手町 »

コメント

明けましておめでとうございます。

さて、団塊世代が一番金持ち世代ということを忘れているんじゃないかと思いますね。
彼らに勇気があれば、プチ投資家として若い世代の事業にお金を出すのが、自宅のキャピタルゲインで資産を増やせた世代の勤めだと思うのですが。。。

投稿: スーパーTS | 2008年1月 3日 (木曜日) 19時11分

人口数が多いと言うだけで、何かというとすぐに行政やメディア取り上げられる奴らには「殺意」を覚えることもあります。この場合、「殺」は社会的に抹殺する、という意味ですが(笑)。

投稿: フロレスタン | 2008年1月 3日 (木曜日) 19時26分

フロレスタンさん、スーパーTSさん

明けましておめでとうございます。

”団塊世代は日本社会を少しずつ蝕んできたのである。”は慧眼ですね。

そのせいか(?)、今日の大発会は前日比700円という大幅安。おもいっきり蝕んでますなー。もっとも、派生商品にとってはいい環境なのです。あっ、もちろん上がってもいいのですよ。

高度経済成長の充分な果実を謳歌した彼らの力で今の若者が元気になる機会があることを祈るばかりです。

今年もよろしくお願い致します。

投稿: outlaw | 2008年1月 4日 (金曜日) 10時55分

>>outlawさん

>高度経済成長の充分な果実を謳歌した彼らの力で今の若者が元気になる機会があることを祈るばかりです。

身も蓋もない言い方ですが、正直あまり期待できないような気がしますね(^_^;)。

そもそも数が多いということは、政治家も彼らの票が欲しいわけで、そのために施策面で「厚遇」するのでしょう。これに対抗するには、下の世代ができるだけ選挙で棄権しないことですね。

投稿: フロレスタン | 2008年1月 5日 (土曜日) 11時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/17559836

この記事へのトラックバック一覧です: 盗人に追い銭:

« 初春 | トップページ | お正月の大手町 »