« トライ(家庭教師ぢゃないよw) | トップページ | 論点整理が必要だ(区画整理訴訟) »

2007年12月 5日 (水曜日)

一種の免罪符か?

バイオ燃料、輸入無税へ=温暖化防止を後押し-政府 12月5日3時0分配信 時事通信

 政府は4日、バイオ燃料の一種であるバイオETBE(バイオエタノールと石油系ガスの混合物)の輸入関税(現行3.1%)を2008年度から無税とする方向で最終調整に入った。バイオ燃料は原料の植物が生育過程で二酸化炭素(CO2)を吸収するため、燃焼してもCO2の総量は増えない。地球温暖化防止の一環として、政府は輸入拡大を促す。
 関税・外国為替等審議会(財務相の諮問機関)が今月中旬にまとめる08年度答申に、バイオETBEの「関税無税」を盛り込む見通し。適用期間は1年だが、毎年延長される可能性が高い。 

輸送過程での二酸化炭素排出量の方が多くはないのだろうか?

|

« トライ(家庭教師ぢゃないよw) | トップページ | 論点整理が必要だ(区画整理訴訟) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/17280800

この記事へのトラックバック一覧です: 一種の免罪符か?:

« トライ(家庭教師ぢゃないよw) | トップページ | 論点整理が必要だ(区画整理訴訟) »