« 川渕は何を泣いているのかな | トップページ | 会心のレースと笑顔 »

2007年11月17日 (土曜日)

もともと賞味期限のない(最初から腐っている)男

船場吉兆の取締役の湯木尚治って、慇懃無礼な態度や口のきき方など、出来の悪い(職業人としてではなく常識人という意味)銀行員を思い起こさせる。

まあ船場というより銭場か賤場が妥当なところ。

こんな奴が取締役、店長をしているところを名前だけでありがたがるなど、日本の「食通」も底が浅いな。まあ俺には縁のない世界。日清のチキンラーメンの方がよほど美味い(笑)。

|

« 川渕は何を泣いているのかな | トップページ | 会心のレースと笑顔 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/17101847

この記事へのトラックバック一覧です: もともと賞味期限のない(最初から腐っている)男:

« 川渕は何を泣いているのかな | トップページ | 会心のレースと笑顔 »