« メロディーロード補足↓ | トップページ | 何のための順番表記なのか »

2007年11月28日 (水曜日)

会長の操り人形か

どうやら「既定路線」に沿って、岡田武史氏の日本代表監督復帰が決まりである(以下、敬称略)。
オジェック、西野など名前が出たが、どうせ観測気球。岡田の名前は過去にも浮かんでいた。

前回の代表監督も、最終予選途中で成績不振で解任された加茂周の後継という位置づけだったが、今回も似ている。本人も「そういう星の下に生まれた」と思っているらしい(毎日新聞の今朝の朝刊の「ニュースの焦点」記事)。

しかし、である。早稲田→古河電工(現ジェフ)という経歴は川淵会長と重なる。老害を晒すようになった川淵の言いなりになるのではないか、という不安がつきまとう。前会長の長沼からも評価されているようで、協会幹部に受けがいいというのも、岡田本人の責任ではないだろうが、もしもこれで成績不振になったらどうするつもりなのだろうか。

オシムの後継という事に関しては、古河・ジェフつながりなのはなんとも皮肉だが、FW出身で攻撃的なモダンサッカーを追及するオシムと、DF出身でカウンターサッカーの岡田とでは対照的だ。事実、こういう記事もある。

岡田監督決定的!オシム流解体へ
オシムチルドレンは岡田氏後任に複雑

フランスW杯の予選の危機を乗り切り、札幌をJ1に昇格させ、横浜を2連覇に導いた実績から、岡田という男が有能であることは間違いないだろう。同世代(私は岡田の一学年下)として頑張ってもらいたいという気持ちもある。

しかし、2050年までにW杯優勝を目指すという日本サッカーにとって、今指揮を執ることが適切なのかどうかは疑問である。アジア予選では、格下の相手はまず引いて守ってくるだろう。その相手ゴールをどうこじ開けるか、という大きな課題に対してオシムは答えを出そうとしていた。

前掲の毎日新聞の「ニュースの焦点」の記事などは「オシム流継承を 理解者として評価」という見出しを掲げ、「技術委が最も恐れているのは、着実に成果を上げてきたオシム流の『考えて走るサッカー』が、新監督の戦術との相違によって土台から壊されることだ」とし、岡田という選択肢を最善のものとした日本サッカー協会(JFA)技術委員会の決定を評価しているが、それは違うのではないかな。

岡田本人に現場復帰の意欲が薄いらしいのも気になるし、何より9年前の「カズ、北澤はずし」に未だに怨念を持っているストーカーのようなサッカーファンがいることも問題だ。川淵や技術委員長の小野はそういう状況を軽視しているように思える。

いずれにしても、外野がどうこうわめいたところで「岡田監督」は決定なのだろう。そして岡田という選択がよかったのかどうかの答えは来年2月のホームのタイ戦で出る。現状では不安感が大きいが、岡田武史という男に期待して後押しするしかない。

|

« メロディーロード補足↓ | トップページ | 何のための順番表記なのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/17213036

この記事へのトラックバック一覧です: 会長の操り人形か:

» 代表監督人事 [ジーコの素顔]
日本代表監督人事のやりとりを見ていて、あらためてサッカー監督の要素を考えて見た。 [続きを読む]

受信: 2007年11月29日 (木曜日) 11時19分

« メロディーロード補足↓ | トップページ | 何のための順番表記なのか »