« 「パッチワーク」の新宿駅改修 | トップページ | 非難と避難 »

2007年10月23日 (火曜日)

グルメ気取りに鉄槌だな(笑)

秋田の比内鶏という会社(なんちゅう社名だ!)が比内地鶏を全く使っていないのに、使ったと偽装した商品を出荷し続けた問題。もう何が起きても驚かなくなって久しい(笑)が、赤福の赤が「真っ赤な嘘」の赤だったのに続いて「比べるのにならない(内)」悪徳会社の登場である。

しかし、騙される方も騙される方だな。私は比内鶏なんてブランドに全く魅力を感じない。ケンタッキーフライドチキンの方が美味いし、近所の安い焼き鳥の方が性に合っている(などというと「化学調味料」や添加物にならされている、とかアメリカ資本に丸め込まれている、なんて批判がありそうだが、それは無視する)。

騙される奴は、固くて歯ごたえがあれば地鶏だ、くらいの味覚と食感しかもってないから、固い廃鶏で偽装されてもわからないんだろうな(笑)。そこがやつらの狙い目な訳だし。パッケージのブランド名見て美味しい美味しいと食べてりゃ世話ないわ。無農薬とあれば一切の薬品を使ってないと錯覚しているのと同じくらい目出度いオツムである。

注)赤福については、先代社長のことを小林よしのりがSAPIOの連載、ゴーマニズム宣言で絶賛していたが、コメントが聞きたいところである。彼のことだから恐らく誌上で何らかの反応があると思うが…

|

« 「パッチワーク」の新宿駅改修 | トップページ | 非難と避難 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/16845349

この記事へのトラックバック一覧です: グルメ気取りに鉄槌だな(笑):

« 「パッチワーク」の新宿駅改修 | トップページ | 非難と避難 »