« 「恐怖政治」のJリーグに明日はあるのか | トップページ | リンゴ交換 »

2007年10月 1日 (月曜日)

人間の時間尺度で大騒ぎする愚

北極海の氷、減少止まる…衛星画像で判明

だから言わないこっちゃない。地球の46億年の歴史を考えれば、たかだかここ20年〜200年くらいの気候変動で大騒ぎすることがどうかしているのだ。もちろん、だからこそ、北極海の氷の減少がたまたま止まったからと言って、それで温暖化が止まったと結論づけるのも同様に愚かなことではある。

ところで、ホッキョクグマの絶滅を心配する声があるようだが、あれは二万年くらい前にヒグマから分化したのだそうだ。ということは一万年くらいまえの温暖期にも絶滅はしなかったことになる。個々のホッキョクグマの生命ということでみれば、可哀想な個体も存在するだろうが、人間が大騒ぎしてどうこうできるものでもないということだ。

|

« 「恐怖政治」のJリーグに明日はあるのか | トップページ | リンゴ交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/16628267

この記事へのトラックバック一覧です: 人間の時間尺度で大騒ぎする愚:

» ※ガイアとの共存⇒深海水の栄養で藻類繁殖、CO2吸収して温暖... [明日への道しるべ@ジネット別館]
 1.始めに 地球を救うのは、きっと海洋だ、海が地球の危機を回避するきっかけになるという想いを強く抱いていた。そんな漠然とした想い、いや願いを現実に近づける構想を、「ガイア理論」で有名な英国の生物物理学者ジェームズ・ラブロック博士ら示してくれたので、紹...... [続きを読む]

受信: 2007年10月 1日 (月曜日) 20時07分

« 「恐怖政治」のJリーグに明日はあるのか | トップページ | リンゴ交換 »